ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

型を使わず空中で吹き上げる 「江戸風鈴」の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 蒸し暑い日本の夏に、涼を感じるアイテムとして愛されている風鈴。見た目に涼しいガラス製や、南部鉄器で作られた南部風鈴など種類もさまざまだ。

「現在のガラス風鈴といえば透明なものが主流ですが、昔は魔除けの意味をもつ赤色が9割以上だったんです」

 そう話すのは、大正4年の創業以来、江戸風鈴を作り続けている「篠原風鈴本舗」取締役の篠原恵美さん。江戸風鈴という名称は、現在91才の風鈴職人、2代目・篠原儀治さんが名づけたものだ。

 江戸風鈴は、型を使わず空中で吹き上げる“宙吹き”という技法で作られる。

「江戸風鈴は、吹き上げたガラスの一部を手作業で切り離して、鳴り口を作っています。切りっぱなしでは、ちょっと触れただけでも手が切れてしまうので、やすりで危なくないように削り、ギザギザに整えています。なめらかすぎるとガラス棒が滑って音が鳴らないので、程よい加減にとどめるのが大切です」(恵美さん)

 昔は、ガラスを溶かす炉の燃料にコークスを使っていたため、火の調節が難しく、作業中に何度も確認が必要だったが、現在は電気制御されているため、安心して宙吹きの作業に専念できるという。

「1日に300個くらいは膨らますことができるんですが、絵までかけるのはその半分くらい。日中は、見学者たちの対応や事務仕事もあるため、絵付けは夜の作業が中心。昨夜も3時くらいまで絵付けをしていました」(恵美さん)

 4代目の篠原由香利さんが手がけた、現代的なデザインの「江戸風鈴TOKYO」(たそがれ〈赤〉風鈴本体:直径約8cm×高さ約7cm、全長:約32cm、重さ約50g 9720円)は、東京タワーやスカイツリー、浅草寺などの東京名所がシルエットで浮かび上がり、評判がいい。

 すべて手作りのため、同じ形、同じ絵柄のものでも、音が異なる。最近は、やや高い音が好まれているようだ。

■江戸風鈴作りの手順
【1】1320℃で溶かしたガラスタネを竿に1円玉くらい巻き取り、少し膨らませて口玉を作る。口玉の上半分に再度ガラスを巻き、膨らませて形を作る。

【2】竿から切り離して約20分冷まし、手で触れる温度になったところで下半分の口玉部分を切り離して、やすりで削る。

【3】内側から絵を描き入れ、ガラス棒をつけて音が鳴るように整え、風を受けやすくする短冊をつけて完成。風鈴職人として一人前になるには最低10年はかかるという。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
スイカを食べる橋本マナミを接近撮影 首筋に滴り落ちる果汁
工芸品としても人気のガラスペン 不遇な時代を職人が語る
型吹きガラスの職人が作る高級「富士山グラス」 一個5400円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP