ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【7月20日はTシャツの日】海にも!フェスにも!この夏はリメイクしたオリジナルTシャツで出かけよう

  • ガジェット通信を≫

夏になると、毎日のように着てしまう人も多いTシャツ。海やフェスなど、個性を出していきたい行事も多いこの季節に、ちょっとだけ破れてしまったけど捨てるには惜しいお気に入りのものや、逆にデザインに飽きてしまったものなどをリメイクしてみませんか?

YouTubeには、今すぐやってみたくなるリメイク動画がたくさんあるんですよ。今日はその中からいくつかご紹介します。リメイクで生まれ変わったオリジナルTシャツを着て出かければ注目されちゃうかも!

 

まずは初級編!キュートなバックリボンスタイルにリメイク!

 

まずは、ハサミがあれば10分程度でできる超簡単リメイク動画をご紹介。背中がチラ見えする、フェミニンな雰囲気に大変身しますよ。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WLjOxUTm53k

背中側の首回りのところを切ります。一周ぐるっと切ってしまわないように注意。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WLjOxUTm53k

背中側だけを半分に折って、切り込みを入れます。中心から3分の2くらいまでが目安。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WLjOxUTm53k

最初に切った首の切れ端を使って、切り込みを入れた部分から首の部分にギャザーを寄せきゅっと縛ります。左右対称のリボンができるように、縛る位置は真ん中にしましょう。結び目を見せても、内側で縛って隠してしまってもどちらでもOKです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WLjOxUTm53k

完成!大きなリボンがとてもキュートですね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WLjOxUTm53k

 

ペンを使って中級編!Tシャツから大胆タンクトップにリメイク!

 

次は、大胆にカットしてホルターネック風タンクトップに変身させる動画のご紹介です。ほぼハサミで切るだけなので、多少のずれやバランスなどはその都度調整できるのも嬉しいポイントです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

リメイクするTシャツを着て、バランスを見ながら首から脇にかけてのラインを決めます。しっかりきっちりではなく、なんとなくこんな感じというくらいのラインをひいておけばOK。

Tシャツを脱いで広げ、首元の印をつけた位置が肩のラインから何センチか図り、逆側にも同じ距離で印をつけます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

同じように、首元の印をつけた位置から脇までのラインも左右対称になるように引いておきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

まずは片方、ラインに沿って脇から首元をハサミで切ります。首元の縫い目の手前まで来たら肩のほうへ上がり、そのまま切り落とします。首まわりの縫い目を切らないように注意!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

片方が切れたらもうひとつの袖も切り落とします。お腹のほうが内側になるように半分に折り、付けたラインが切ったほうと合っているか確認しながら切りましょう。

両方の袖が切り終わったら、背中側の赤い丸が付いている切り残し部分をラインの流れに沿って首元の縫い目手前まで切り、自然な感じになるように整えます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

丈の長さが気になる場合は、自分にとってちょうどいい部分で印をつけて切り落とします。あらかじめ、最初にラインを引くためにTシャツを着た時目安となる印をつけておいてもいいですね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

もし脇の部分がパカパカしてしまって気になるという場合には、1~2センチほどつまんで背中側に折り、軽く縫い留めます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

完成!タイトな雰囲気になったのでコーディネートしやすく、着るチャンスも多くなりそう!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xWzVX-Q7xJk

 

針と糸を使って上級編!編み込みクロススタイルにリメイク!

 

最後は背中の部分を編み込んだようなデザインの、針と糸も使う少し高度なリメイク技の動画です。パターンを覚えてしまえば、背中の部分だけではなく袖の部分などにも応用できそうです!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

背中側をつまみ、半分に折ります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

等間隔に切り込みを入れていきます。切り込みの幅を少し狭めするのがポイント。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

切り込みを入れた部分を引っ張り伸ばして細い紐のようにし、クロスさせるためのたるみをつくります。1本1本丁寧に伸ばしても、何本かまとめて引っ張ってしまってもOK。切り込みを入れなかった外側まで伸ばしてしまわないように注意!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

紐状にした部分をクロスさせて、真ん中を針と糸で縫って留めていきます。

クロスの仕方を図に描いてみました!最初のクロスは1本目と3本目(図1)、2番目のクロスは2本目と5本目、3番目は4本目と7本目(図2)……というようにクロスさせていきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

完成!黒や赤のTシャツでリメイクすれば、ロックな雰囲気になりそう。フェスに着ていきたいです!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=d00b3yMEvHs

いかがでしたか?ちょっと手をいれるだけで、まるで新品のようにイメージが変わってしまうTシャツのリメイク。アイデア次第で雰囲気もかわいいものからハードなものまで自由に変化させられるので、お出かけの目的や手持ちのコーディネートに合わせて色々試してみたいですね!

文/アトリエあふろ

関連記事リンク(外部サイト)

【彼氏にやってほしいバイト】人力車のアルバイトは働いているだけでイケメンになれそう
カリスマ店員兼モデル・ゆうたろうに聞く! 「好きなこと」を仕事にするとは?
【夏休み・近場を探して旅行気分】インスタで人気の『ハッシュタグ旅』で夏休みを楽しもう!

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP