ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国映画『殺人の告白』、日本版リメイク映画化が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国の犯罪スリラー映画『殺人の告白』が、日本でリメイク映画化される。

韓国映画の出資と配給を手掛けるショーボックスによると、株式会社ロボット(映画『Love Letter』、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズ)が、日本版リメイク映画のプロデュースを手掛ける予定だ。また、入江悠(映画『ジョーカー・ゲーム』)が監督を務め、藤原竜也(映画『デスノート』)と伊藤英明(映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』が出演する。

日本版リメイク映画は日本テレビが出資し、米ワーナー・ブラザースが日本での配給を担う。両社は過去に、ヒット映画『デスノート』シリーズで共同プロデュースを手掛けた。

『殺人の告白』は、ある殺人犯が17年前の連続殺人を認める自叙伝を出版することから展開する。パク・シフ(映画『きみの声を探して アフター・ラブ』)とチョン・ジェヨン(映画『今は正しくあの時は間違い』)が出演し、2012年11月に韓国で劇場公開され、1790万ドルの興行収入を記録した。北米では、ウェルゴ・USAにより公開された。

日本版リメイク映画は、今月に撮影を開始し、2017年夏に劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP