ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画像流出を避けるためにやっておくべきこと3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて世間を騒がせた、ファイル共有ソフトによる画像流出事件。スマートフォンが主流になっている現在は、スマホ向けの新しいサービスが狙われ、知らぬ間に画像が流出するケースが増えています。そこで、画像流出を避けるためにやっておくべきこと3つ紹介しましょう。

画像流出を避けるためのメアド設定

画像流出を避けるためにやっておくべきこと1つめは、登録するサービスごとにメアドを用意することです。例えばYahoo!に登録する場合は「yahoo_only@exsample.jp」のように設定。普段使うメールアドレスへ転送します。

この登録方法のメリットは、メールの振り分けをする時に、どこ宛に届いたメールであるのかで振り分けやすいこと。そして、SPAMが届いた時にどこが情報を売ったもしくは流出したのかが、すぐ分かることです。

画像流出を避けるためにやっておくべきこと2つめは、登録サイトごとにパスワードを用意することです。もしも自分のパスワードが流出してしまったら、同じものを他のサイトで使っているかをハッカーは必ず見ています。

画像流出を避けるためのパスワード

サイトごとにパスワードを変更して覚えるのは至難の業ですが、覚えられるにパスワードにサイト名の略称を組み合わせるのも手。例えば、パスワードが「123456」でサイトがYahoo!ならば「123456Y」などにするのです。

画像流出を避けるためにやっておくべきこと3つめは、2段階認証などの手間を惜しまないこと。代表的なものは、2段階認証やワンタイムパスワードです。

信用できる端末を事前にログインしている端末から指定したり、パスワードを2重に設定したりするものです。ほんの少しの手間で、確実にセキュリティのレベルは上がります。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え
アドウェアは削除ツールでまとめて撃退すべし!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP