ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリババ会長「アリババ創立は最大の過ち」と発言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「これまでで私の最大の過ちはアリババを創立したことだ」「チャンスがあれば、どこかの国に行って、そこで平穏に暮らしたい。ビジネスも、他の仕事も、もうしたくない」──。

 こう語るのは中国電子商取引最大手アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長だ。6月中旬、ロシア・サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで講演した際、会場からの「今までで最大の過ちは何か」との質問に答えたもの。

 馬氏は昨年6月、ニューヨークで講演した際も、「もし、もう一度人生をやり直せるのならば、株式を上場せずに、個人事業をやりたいと思っている」「月に720ドル(約7万4000円)稼いで、好きなように使っていたときが、私には最高の時代だった」などと語っており、一昨年の資産総額250億ドル(約2兆5700億円)で中国の長者番付1位だった馬氏は現実がすっかりと嫌になったようだ。

 中国メディアによると、馬氏はロシアで「これ(アリババ集団)が私の人生をこんなに変えてしまうとは全然思わなかった。もともと小さな会社を作りたかったのに、こんな巨大な企業になってしまった。私には手に負えないほどの責任とドラブルをもたらした」と述べた。

 そのうえで、馬氏は「来世があるならば、もう2度とこんなビジネスには手を突っ込まない」とも語り、その理由として「いまやアリババのビジネスにすべての時間を使っている」として、分刻みのスケジュールに疲れたと愚痴をこぼしている。

 馬氏は昨年、ニューヨークでも「もう一度人生をやり直せるのならば、株式上場せずに、個人事業をやりたい」などと述べて、ビッグビジネスに嫌気がさしことを告白している。

 ネット上では、「私のこれまでした最大の間違いはアリババを設立しなかったことだ」や、「勇気を出して、私はあなたが犯した間違いを引き継ごう」、「私が馬会長の過ちを正すチャンスをあげよう。そのためには、会社を私に譲ることが必要だ」などの書き込みがみられる。

【関連記事】
3兆円資産のアリババ会長 月給1.5万円時代幸せだったと語る
資産2.3兆円のアリババ会長 上場で孫正義氏も笑い止まらない
中国電子商取引アリババNY上場で共産党幹部親族に1000億円も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。