ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneの1000倍明るいフラッシュ付きケース「Capture Case」は高速撮影も可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラではなく常に持ち歩くiPhoneで撮影、という人は多いだろう。iPhoneの撮影性能は上がっているが、カメラに劣る点があるのは事実。

その代表的なものがフラッシュだ。暗いところでは被写体がはっきり写らなかったり、ぶれてしまったりする。そうした悩みを解決するケースが登場した。

iPhoneより1000倍明るいキセノンフラッシュを搭載する「Capture Case」だ。

・3つの撮影モード

Capture CaseはiPhoneとBluetoothで連携し、ダウンロードしたアプリを立ち上げて撮影する。端末を横にした時に、右上にシャッターボタンがくるので、コンパクトカメラのようにホールドして撮影できる。

アプリには、オート、マニュアル、ハイスピードの3つの撮影モードが用意されている。オートを選ぶと、事前フラッシュで被写体の明るさを測り、適当な露出などを計算してくれる。

あえてぼやけた感を出すなど、味のある写真を撮りたいときはマニュアルに設定するといい。

・音に反応して高速撮影

そして特筆すべきは高速撮影だ。これは動きのあるシーンの瞬間を切り取るのに有効な機能。

例えばシャンパンの栓を開けて泡を飛ばす瞬間、プールに飛び込んで水しぶきが上がる一瞬などを捉えることができる。

フラッシュの近くに音を拾うマイクが搭載されていて、栓が開くときのポンという音や、水に入った瞬間のバッシャーンという音を捉えるとすぐさま撮影するようになっている。

開発元によると、iPhoneで高速撮影を可能にするのは初という。

・iPhoneの電池は使用せず

フラッシュを使うとiPhoneのバッテリーの減りが早くなるのでは、と心配する声も聞こえてきそうだが、Capture Caseは200mAhのバッテリーを内蔵していて、iPhoneの電池は消耗しない。フル充電すると、600回光らせることができる。

暗いところでもくっきりと撮影したい。瞬間を捉える撮影をしたいというiPhoneフォトグラファーは検討してみてはどうだろう。今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで85英ポンド(約1万2000円)の出資で入手できる。

出資期限は8月18日。

Capture Case/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/1927981/video-685921-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP