ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

瓦がインテリアに! 瓦製の雑貨ブランド「icci kawara PRODUCTS」誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年6月5日(日)、山梨県笛吹市の一ノ瀬瓦工業より「icci KAWARA PRODUCTS」が発売されました。

icci KAWARA PRODUCTS(イッチ・カワラ・プロダクツ)は今年で創業100周年を迎える一ノ瀬瓦工業が、日本の伝統素材である瓦を使ったインテリア小物を提案する新ブランド。

コンセプトは「日本のヒトカケラを屋根の上からテノヒラの上に」。瓦の特性を生かした現代の生活向けの文具や雑貨、テーブルウェアが展開されます。

アートディレクターとしてハイロック氏を迎え10種以上をファーストコレクションとしてリリース。瓦独特の「いぶし銀」と呼ばれる落ち着いた銀色と質感で、他にはない存在感を放つプロダクトに仕上がっています。

屋根だけじゃない、瓦の魅力をぜひ身近なインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

kawara coaster

左から「丸に立ち沢潟」(1800円)、「左三つ巴」(1800円)、「富士」(1800円)。

写真左:kawara tray 4200円

写真右:kawara pen stand 7500円

写真左:kawara bowl(slim) 5200円

写真右:kawara bowl(fat) 5200円

写真左:kawara $(dollar) 8800円

写真右:kawara beans 600円

写真左:kawara apple 6800円

写真右:kawara banana 6800円

※価格はすべて税抜価格

写真左:一ノ瀬 靖博(icci 代表 / kawaraクリエイター)

22歳で一ノ瀬瓦工業に入社。瓦葺士として技術を磨きながら、音楽・絵画などの活動を行う。2007年にイタリア・2008年にオーストラリアに短期留学。日本の文化である瓦を世界に広めるべく2015年にイエール大学の「Japanese Tea Gate Project」に参加。現在は一ノ瀬瓦工業代表。

写真右:ハイロック(icci アートディレクター)

アパレルブランド「A BATHING APER」のグラフィックデザイナーを経て2011年独立。ファッション誌での連載をはじめメディア各方面にてグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由』。

「icci KAWARA PRODUCTS」

発売:2016年6月5日(日)

アイテム:

kawara coaster

サイズ:W95mm × D95mm × H7mm

重量:125g

柄:無地(1200円)、富士(1800円)、丸に立ち沢潟(1800円)、左三つ巴(1800円)

kawara pen stand

サイズ:W120mm × D60mm × H90mm

重量:650g

価格:7500円

kawara tray

サイズ:W225mm × D90mm × H15mm

重量:260g

価格:4200円

kawara bowl(slim)

サイズ:W87mm × D87mm × H113mm

重量:500g

価格:5200円

kawara bowl(fat)

サイズ:W120mm × D120mm × H60mm

重量:460g

価格:5200円

kawara beans

サイズ:W3mm × D3mm × H15mm

重量:250g/1パック

価格:600円

kawara $(dollar)

サイズ:W105mm × D30mm × H150mm

重量:632g

価格:8800円

kawara apple

サイズ:W75mm × D75mm × H65mm

重量:392g

価格:6800円

kawara banana

サイズ:W160mm × D30mm × H60mm

重量:260g

価格:6800円

※全て税抜価格

詳細:http://icci-kawaraproducts.com

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

名作チェア「トムバックチェア」に限定のオールホワイトモデル登場
よく見られているチェア・椅子 TOP20(2016上半期)
歌詞が見えるスピーカー!? 世界に先駆け「Lyric Speaker」三越伊勢丹で販売中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP