体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【彼氏にやってほしいバイト】人力車のアルバイトは働いているだけでイケメンになれそう

【彼氏にやってほしいバイト】人力車のアルバイトは働いているだけでイケメンになれそう 人力車ogp 人力車1

筋肉質のイケメンが笑顔で観光地を案内してくれる……そんな夢のような体験が味わえるものといえば、人力車ではないでしょうか。ほどよく日焼けしたマッチョな車夫さんが、私のために人力車を曳いて、私だけのために素敵なところへ連れて行ってくれる。お客さんとして利用するぶんには「本当に最高」という言葉しか浮かびません。

けれども働くぶんには「重労働で過酷」というイメージがあります。実際に車夫さんとして働くことは大変なのでしょうか。そこで今回、浅草にある「時代屋」さんにお邪魔して、車夫さんの仕事について聞いてみることにしました。

 

向いている人は「クラスの中心にいるタイプ」

人力車2

出迎えてくださったのは、ご自身も車夫として活動することもあるという浅香晴之さん。ベテラン車夫になると「お名取さん」と言って、特別に名前をつけられるのだそうです。ちなみに浅香さんの車夫名は「俥(くるま)久松」さん。かっこいい。

浅草といえば、雷門や浅草寺、仲見世通り……そして吾妻橋から目前に見えるスカイツリーと、観光スポットの数々。道沿いに人力車もたくさん見かけますよね。「時代屋」では女性も含め、20~30人くらいの車夫さんが在籍しているそうです。

車夫さんは、ガイドの仕方や話し方などをしっかりと研修してからデビューします。きちんと研修があるとはいえ、やはりお客さんとのコミュニケーションが求められる接客業でもあります。お客さんに合わせた対応が求められるからこそ「クラスの中心にいるような、いろいろな人から好かれやすく人懐っこい人」が向いているそう。

うわ、私はめちゃめちゃ人見知りなので絶対この仕事は向いていない……。やはり、最初から社交的で明るい人しかなれないのでしょうか。

人力車3

「人見知りでも大丈夫ですよ」というのは、車夫として働いている大学生の富田和泉さん。

「この仕事を始めたきっかけは、先輩が働いていたことと、人見知りだった自分を変えたかったから。今ではいろいろな人と話すことが楽しくなりましたね」

まったく人見知りだったことを感じさせない爽やかな笑顔に、こっちが戸惑います。人力車の仕事というと、コミュニケーションだけでなく、体力勝負なところもありそうですね。もともと体力には自信があったのでしょうか。

人力車4

「昔から野球をやっているので、もともと足腰はしっかりしているほうだと思います。ただ、この仕事を始めてから、現役のころよりも足は速くなりましたね(笑)」

人力車5
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。