ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母、号泣。テストで失敗した自閉症の息子に、先生から「愛のある手紙」が送られてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。

主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと移ったばかり。

先日、そんなベンくんが、全国統一学力テスト『Standard Assessment Tests(SATs)』に臨みました。が、結果は思わしくなかった模様。一生懸命勉強してきただけに、とても落ち込んでしまいました。

そこへ、学校側から「ある手紙」が届きます。その心温まる内容に、母親のゲイルさんは涙が止まらなくなったのだとか──。

「このテストで分かることなんて、あなたのほんの一部でしかないんだよ」

In tears. A letter to my 11 yr old autistic son from his school. “These tests only measure a little bit of you” pic.twitter.com/e9OPECidxX

— Gail Twist (@gailtwist) 2016年7月9日

内容はこの通り。

ベンくんへ

あなたは本当によく頑張ったわ。

いい?これだけは分かってほしいの。このテストで分かることなんて、あなたのほんの一部だけ。ベンくんには、テストなんかじゃ測れない優れた才能がいっぱいあるんだから。

たとえば、

・芸術性がある
・チームワークを大切にする
・精神的に自立している
・心が優しい
・自分の意見をちゃんと伝える
・運動神経だって抜群
・友達を大切にする
・自分を客観視できる
・デザインが上手
・音楽の才能もある

先生にとって、こんなにもたくさんの才能を持っているベンくんは誇りです。これからもっともっと能力を伸ばして、素敵な大人になってね!

担任 クラークソンより

感激の輪は、世界中へ。

ゲイルさんのこの投稿は、わずか10日で4,800を超えるリツイートを記録。感激の輪は、瞬く間に世界中へ広がっています。

それにしても、ここまでベンくんの個性を見抜いていたクラークソン先生が素敵。数多くの長所を羅列できるのは、普段からしっかりと観察している証拠ですよね。ゲイルさんは、手紙を送ってくれた先生の優しさはもちろん、自分の息子をしっかりと見守ってくれている事実に安堵し、涙したのかもしれません。

きっと、クラークソン先生は、彼だけではなく他の子に対しても、同じようにイイところを挙げられるのではないでしょうか。ホントに素敵な先生に巡り合えて良かったね、ベンくん!

Licensed material used with permission by Gail Lyon

関連記事リンク(外部サイト)

【家族みんな仲良し!】これ以上の幸せはナイでしょ?そう思える8つのワケ
たまねぎのように甘くて辛い人生を!人気哲学者に学ぶ「心のトリセツ」
生徒の机に落書き!?先生らしからぬ行動に「賞賛の声」が集まるワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP