ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベイビーレイズJAPAN 復活したhideの夏フェスにて“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンス披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1997年にhide(X JAPAN)が主催したイベント【MIX LEMONeD JELLY】が、2016年7月18日に千葉・舞浜アンフィシアターで復活し、そのステージに“EMOTIONAL IDOROCK(エモーショナル アイドロック)”を掲げるベイビーレイズJAPANが出演。氣志團、清竜人25、女王蜂、a flood of circle、The BONEZら、現在のフェスシーンで活躍するアーティストと並び、“アイドル”と“ロック”の垣根を超えたパフォーマンスを披露した。

ベイビーレイズJAPAN ライブ写真

 オープニングSEから「虎虎タイガー!!」「ワハハ」と楽しくも勢いのある楽曲で観客の注目を集めると、『BSジャパン 女子ソフトボール中継テーマソング』として起用される新曲「シンデレラじゃいられない」と続け、ラストを彼女たちの楽曲の中で最も“エモい”と言われている「夜明けBrand New Days」で締めくくった。“アイドル”と“ロック”の垣根を取り払うべく、熱苦しいライブパフォーマンスを繰り広げている彼女たちが、新しいサウンドやカルチャーをジャンルレスで発信し続けたアーティスト・hideの夏フェスで、短時間ながらも多くの人々に熱を伝えたステージとなった。

 昨年末、東京ドームシティホールでの取材にてフェスで共演したいアーティスとして名前があがった“JAPAN”繋がりのX JAPAN。そのメンバーであるhideのフェスに参加できたということは、先日の【Japan Expo】での初海外ライブに続いて、また一つ、夢を叶えたといえるのではないだろうか。

◎2ndアルバム
2016/09/21 RELEASE
[初回限定盤A(CD+DVD)]PCCA-04428 / 3,241円+税
[初回限定盤B(2CDs)]PCCA-04429 / 3,241円+税
[通常盤(CD)]PCCA-04430 / 2,778円+税
<封入特典>※全形態共通
・デジタルビンゴカード(入力期限:2016年10月5日(水))

関連記事リンク(外部サイト)

ベイビーレイズJAPAN 【Japan Expo】初海外ライブにて“JAPAN旋風”
アプガ×ベイビーレイズJAPAN×STARMARIE 今観たい3組が夢の共演! 【本格音楽女子祭】7/14開催
hideの功績を音楽で讃える、【LEGEND SYMPHONY vol.1 hide】開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP