ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRでリアルタイムアニメを作り撮影できるアプリ『Tvori』8月25日に配信予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VRでリアルタイムアニメを作り撮影できるアプリ『Tvori』8月25日に配信予定

 

VRの中でシーンや登場人物を直感的に配置し、カメラを置いてアニメーションを撮影する、そんなことが可能なアプリ『Tvori』が2016年8月25日にSteamにてHTC Vive向けに配信されることが明らかになりました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=pQojBHwfxAY

シーンを作り、リアルタイムに動かして撮影する

 

『Tvori』は、スラヴ系の言語で”創造する”という意味。ロシアに拠点を構えるDmitry Kurilchenko氏とViktor Komarovskih氏の2名が率いるチームが開発中です。ディレクター、建築家、デザイナー、学校の教師、アーティストなど様々な人々が使える「クリエイティビティとプランニングのためのツール」を目指しています。


 

 

公開された動画によると、引き出しからシーンを構成するパーツを選んだり、登場人物を線で描くことができたりと非常に直感的に、シンプルに世界を描き出すことができています。そしてVR内にカメラを置いて、リアルタイムに動くアニメーションを撮影することができるというのも非常に分かりやすい仕組みです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=fQkzKhbEuJE

アイデアを3Dで表現するツール

 

VRは何かを創造するにのに向いている技術です。HTC Vive向けに配信されているGoogleの『Tilt Brush』は、VRの中で3D空間にお絵描きをすることができるソフトです。また、Oculus Touchを使って造形ができる『Medium』では、日々アーティストが3D作品を作っている様子をMogura VRでも紹介したばかりです。

 

Kurilchenko氏は、「最終的な目標は、複雑なツールを使わずに、3Dでアイデアを表現することだ」と述べています

 

体験者によると、まだ課題も多いようですが、『Tvori』はアイデアをとっさに3次元で表現してプロトタイピングすることのできる「紙」のようなツールを目指していると思われ、必要な機能をミニマルに搭載しようとしているように思われます。

 

8月25日の公開が楽しみな注目アプリです。

 

(関連)

空間に絵を描く新たなクリエイティビティ。Google、VRペインティングソフト『Tilt Brush』の新PVを公開

 

【体験レポ】Oculus Touchを使い、手を動かして作る粘土作品。直感的なVR造形ツール『Medium』 

 

(参考)

http://uploadvr.com/tvori-animation-creation-software/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP