ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」の違い、あなたは言える?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(今週のナビゲーター:グローバー)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。7月19日(火)のオンエアは、日本アイスマニア協会認定“プロソフトクリーマー”の森川勇一郎さんをスタジオにお迎えしました!

最近、観光地はもちろん道の駅などにさまざまな「ご当地ソフトクリーム」が登場しています。森川さんは“プロソフトクリーマー”として全国のソフトクリームを食べ歩き、必ず1日1個はソフトクリームを食べているそうです。

ところで、日本“アイスマニア”協会が認定する“プロソフトクリーマー”ということなのですが、「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」の間には、何か違いがあるのでしょうか?

「アイスクリームは、マイナス30℃で一気に固めて作るので、結構硬いですよね。お店で売っているときも、マイナス18℃以下で保存されて販売されているので、硬めです。一方、ソフトクリームはマイナス5℃〜マイナス7℃ぐらいの温度なので、温度が全然違うんですね。だから食べたときの食感が、アイスクリームよりもソフトクリームの方が滑らかです。英語ではソフトクリームではなく“ソフトアイスクリーム”と言いますし、基本は一緒なんですけど、この温度の違いが一番大きいのかなと思います」(森川さん)

つまり、ソフトクリームの“ソフト”は、アイスよりも柔らかいという意味。だから、アイスクリームよりもソフトクリームの方がたくさん食べることができると森川さん。なのでソフトクリームは「どちらかというと、飲み物に近い」と話していました(笑)。

そんな森川さんが、最近「おいしい!」と感じたおすすめのソフトクリームを教えてくれました!

「北海道の新千歳空港には、ソフトクリームを出しているお店が27店舗あって、126種類を味わうことができるのですが、その新千歳空港の中でおすすめなのが、空港内にあるPRONTOの岩瀬牧場のソフトクリーム。牛乳の濃厚さ、フレーバー、一口食べたときの食感、最初の鼻に抜ける味というか香り、これが本当においしいので、まずは食べていただきたいですね!」

新千歳空港といえば、定番の「白い恋人ソフトクリーム」も有名ですよね。この夏、北海道に旅行に行く機会がある人は、ぜひ新千歳空港でソフトクリームの食べ歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。