ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一眼カメラでクールに撮影したいけど…そもそも“ミラーレス”ってなんすか?

  • ガジェット通信を≫

「カメラが趣味」って言うと、なんとなくカッコイイ気がするし、スマホでキレイな写真が撮れる時代にあえて「カメラを持つ」ってのも粋かも…というわけで、カメラ売り場に行ってみたのですが、売り場には「ミラーレス一眼カメラ」があふれていました。最近よく聞きますよね…でも実際のところ、どんなカメラなのかはよくわからない。そこで、いまさら人に聞けない“ミラーレス”の構造を、プロのカメラマンに解説してもらいました。

コンパクトだけどレンズを交換できる「ミラーレス一眼カメラ」

今回は、写真教室の講師としても活動しているプロカメラマン・金森玲奈さんに、ミラーレス一眼カメラの構造を教えてもらいました。

「『ミラーレス一眼カメラ』はその名の通り、鏡がない構造のものを指します。ちなみに、鏡があるカメラは『一眼レフカメラ』です」

「一眼レフカメラ」は、レンズを通して取り込んだ被写体像をカメラ内部のミラー(レフ)に反射させて、ファインダーに結像させる構造のもの。

一方「ミラーレス一眼カメラ」はデジタルカメラの分類の一つで、レンズを通して取り込んだ被写体像を映像素子で受け止め、カメラ背面のモニターなどに表示する構造のもの。内部のミラーやファインダーをなくすことで、一眼レフカメラと比べて軽量かつコンパクトにできます。

ちなみに、同様にミラーを内蔵していない「コンパクトデジタルカメラ」との違いは、レンズを交換できるかできないか。ミラーレス一眼カメラは被写体との距離や撮りたい雰囲気に合わせてレンズを変えられるため、コンパクトデジタルカメラよりも撮れる写真の幅が広がります。

ミラーレス一眼カメラの選び方も教えてもらいました。

「初めてミラーレス一眼カメラを購入する方は、まず家電量販店やメーカーのショールームで実機を試すことをオススメします。構えた時の大きさや重さ、操作の難易度は、実際に使ってみないとわかりません。デザインや機能とともに、“自分にとって使いやすいカメラ”であることを重視して選んでみてください。ある程度カメラの経験や知識が増えたら、機能やスペックなど、数値的な部分に注目して、好みの1台を探してみましょう」

確かに持ちにくいカメラだと、買ったまま放置してしまうかも。逆に持ちやすい、撮りやすいカメラであれば、普段から持ち歩こうという気持ちも自然と湧いてくるはずです。

ここからは、ミラーレス一眼カメラに強いメーカーの最新機種を紹介しましょう。気になるカメラがあったら、実際に店舗やショールームで試してみてくださいね。

クラシカルスタイルが男心をくすぐる一台「PEN-F」

フィルムカメラのようなデザインが逆に新鮮な「OLYMPUS PEN-F」。初心者向けのイメージが強いPENシリーズのなかでも、機能性に重きを置いたモデル。20M Live MOSセンサーやボディー内5軸手ぶれ補正機構などの最新技術を惜しみなく搭載しているため、高画質かつ鮮明な写真が撮れます。

ミラーレス一眼でありながら、電子ビューファインダーがついているのも特徴的で、一眼レフのような撮影気分が味わえます。

ミラーレス一眼OLYMPUS PEN-F/オープン価格

画像提供:オリンパス

在庫をチェックする⇒

実用的な機能満載の武骨系ミラーレス「α6300」

装飾を削ぎ落したシンプルフォルムが男らしい小型・軽量一眼カメラ「α6300」。

ソニー独自の技術を集結したオートフォーカススピードを実現した「4D FOCUS™」を搭載し、動きの速い乗り物や動物の姿を、一瞬も逃さず捉え続けます。

4K動画が撮影できるところも大きな特徴。家族や友達との思い出作りにも、一役買ってくれそうです。

レンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α6300』 ズームレンズキット ILCE-6300L(Eマウント)(ズームレンズ『SELP1650』装着)/オープン価格

画像提供:ソニー

在庫をチェックする⇒

(今回紹介した商品)

ミラーレス一眼OLYMPUS PEN-F/オープン価格

在庫をチェックする⇒

OLYMPUS 公式サイト

ソニー レンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α6300』/オープン価格

在庫をチェックする⇒

ソニー 公式サイト

取材・文/有竹亮介(verb)

イラスト/香取亜美

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP