ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここは東京です。でも本当は、それ以上場所を教えたくないです。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

青い海を求めて沖縄へ行きたい。最近だと角島(山口県)も良さそう。でも、どれだけLCCが充実しようと、関東の人にとってあの距離はやっぱりパワーを使う。最低でも2泊と考えると、有給を使わなければいけなかったりも。

もっと気楽に、普通の土日だけで綺麗な海へ泳ぎに行けたら……、と思っていたらイイところがありました。

実は東京にも、
こんな「青」があった。

@yxkutsが投稿した写真 – 2015 10月 27 3:47午前 PDT

ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。

写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかなので、小さな子どもと一緒でも安心して楽しめるのだとか。実はこんな「青」が、東京にもあったんですね。秘境感たっぷり!

さらに、アクセス面も◎なんです。

金曜23時に竹芝を出発。
土曜8時に到着!

1日3本の高速船だと片道約3時間。でも、オススメは片道約9時間の大型船。というのも、東京・竹芝を23:00に出発すると、翌朝8:00には式根島に到着できるんです。

基本的には毎日運行しているので、たとえば一週間の仕事を終えて金曜夜に出発。土曜はゆっくり海を満喫し、日曜の夕方に竹芝に帰ってくる、なんてことも可能。東京にいながらにして、非日常を味わえるというなんとも得した気分が味わえそう。

ちなみに式根島は、海水浴のほかにも、ダイビングやハイキング、カヤックなどアクティビティーが充実。式根島観光協会HPによると、水着持参で24時間好きなときに入れる露天風呂が3カ所もある模様です。しかも無料!

Reference:式根島観光協会
Licensed material used with permission by yxkuts

関連記事リンク(外部サイト)

「京都観光は5回以上」という人だけに、薦めたい宿
Skyscanner10万円分の往復航空券をプレゼント!
軍隊式から抱っこ法まで!旅行前に知っておきたい「最強のパッキング術」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP