体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで“フレンチプレスコーヒーメーカー”のようなLEDランプがユニーク

DiMO今、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金募集をおこなっている「DiMO」は、一風変わったランプ。一見すると、フレンチプレスコーヒーメーカーのようなシリンダー型の形状だ。

・引き上げるとライトが点き、押し込むと消える

もちろん、シリンダー内にはコーヒーのような液体は入っておらず、棒状の取っ手部分を押し込んだり、引き上げたりできるようになっている。引き上げていくとLEDライトが点灯し、押し込むにつれライトが消えていく。

ライトの光量は、取っ手部分を引き上げれば上げるほど多くなり、押し込むほど少なくなるので、そうやって調節をおこなう。実際には液体は入っていないものの、プレス型のコーヒーメーカーを使うときの、あの使用感にそっくり。

・デザインが異なる2タイプを用意

DiMO2「DiMO」には2タイプが用意されていて、取っ手を押し込んだり引き上げたりすることでライトを点灯・消灯する「DiMO Classic」と、コルク栓抜きのように取っ手を回す「DiMO Plus」がある。

どちらも24ボルトの電圧、420ルーメンの明るさで、ブナ材と透明なアクリルでできた本体は、インテリアとマッチするオシャレな印象だ。

部屋を選ばないシンプルなデザイン&機能のランプは、現在Kickstarterで出資を受付中。値段は早期予約で47ユーロ(約5500円)から。

DiMO

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。