ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策

路上には多くのカメラが設置されています。速度取り締まりのカメラを見極めるには、そのパターンをつかむのが鉄則。オービスを見極めることが重要です。しかも、移動式の新型オービスも登場しました。速度取り締まり対策の最前線を紹介しましょう。

ループコイル式のオービスが主流に

速度取り締まりのパターンは大きく分けて、「無人式」と「有人式」の2タイプに分類できます。無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影する固定式のものです。

これがいわゆる「オービス」。一方の有人式とは、警察官が現場で行う取り締まりのことで、ネズミ捕りやパトカー追尾式などがそれ。ここでは無人式の取り締まり機の基本を押さえましょう。

無人式の自動取り締まり機は、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」がかつては広く使われていました。そして、近年主流なのがレーダー波を使わず道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

新型オービスは生活道路に設定できる

この4種類に加えて、もう1つ覚えておきたい新型オービスがあります。試験導入を経て、2016年3月から埼玉と岐阜で運用がスタートした「移動式オービスiM」。この新型オービスはコンパクトで、標識のように生活道路などに設置できるのが特徴です。

オービス対策のコツは、これら5種類のパターンを把握すること。というのも、路上には「Nシステム」や「Tシステム」といった多様な監視カメラが設置されています。それゆえ、1つ1つ覚えるよりこの5種類を見分ける方が効率的なのです。

また、レーダー探知機を車載していても、新設されたばかりのLHシステムには反応しないケースもありえます。その時は、自ら判断するしかないのです。オービスを見極める“目”が、必要不可欠といえるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。