ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイスタージンガーの腕時計買取は海外市場を意識するべし!

  • ガジェット通信を≫

マイスタージンガー(Meister Singer )とは


画像:MEISTER SINGER Model Catalog

マイスタージンガーの腕時計といえば、優秀な技術者が設計を手がけ、品質という点で多くの顧客から信頼を得ているブランドです。少数の精鋭職人によって一つ一つ丁寧に仕上げられているため、入手するのはかなり困難な、希少価値の高いアイテムと言えるでしょう。
しかし、日本の代理店でも購入は可能で、高級ブランドの時計の中では高価過ぎないことから、欲しい人にとっては買い求めやすいと評判です。

マイスタージンガーは、2001年に創業し、翌年のバーゼルワールドでデビューを果たした腕時計の新興ブランドです。メインとなるコレクションは、1本の針で時刻を示すシングルハンド(単針時計)という原始的なモデル。他のブランド時計とは一味違った価値観が魅力です。

マイスタージンガーの歴史

現代社会のストレス

仕事でもプライベートでも、腕時計をしていないと落ち着かなかったり、時間がわからないとソワソワしたり、スマホで時間を確認するのがクセになっている人も多いのではないでしょうか? つまり、正確に時を刻む時計に、無意識のうちに束縛されているのを感じませんか?
マイスタージンガーは、そんな現代社会の時間による束縛から開放されたいという、人々の夢を叶えるためにスタートしました。

画像:MEISTER SINGER

一本針に込められた思い

マイスタージンガーの腕時計は、時計の精度を放棄するのではなく、シングルハンドというデザインを採用することによって、時計内部とビジュアルのちょうど良いバランスを取り、「現代社会における時間からの束縛を修正する」というコンセプトを持っています。

古典的な機械設計と原始的ですっきりしたスタイルが特徴のマイスタージンガーは、伝統を感じさせるフォルムを持ちながら、2001年に始まったブランドの歴史は浅く、やっと15年を超えたところです。時計ブランドの中ではまだまだ長いとは言えず、日本でも、これからの人気向上に期待したいブランドです。

ロゴマークの秘密

「マイスタージンガー」とネットで検索すると、一番に出てくるのが、かの有名なワーグナーのオペラです。バランスの良い音が奏でるハーモニー、人を惹きつける脚本と、時が経つのを忘れさせてくれる魅力的な芝居。これらのオペラが持つ魅力を備えたのが、マイスタージンガーの腕時計です。
マイスタージンガー社のロゴマークをよく見てみると、楽譜に用いられる休止記号「フェルマータ」が使われています。

また、マイスタージンガーの腕時計は、ドイツでデザインされたれっきとしたドイツ製です。しかし、スイスの小さな時計工場で優秀な技術者によって作られているため、ラベルには「スイス製」と表記されています。

人気モデル紹介

パンゲア

古典的な落ち着いたデザインが特徴のシングルハンドの定番モデル
№1リミテッド・エディション

人気のパンゲアをベースにした、世界で48個しかない数量限定モデル
ジングラートー

秒針と分針が備わった正確な時間を把握したい人向けのモデル

稀少モデルを高く売る方法


買取相場を信用しない

先にも述べたように、マイスタージンガーは入手自体が難しい稀少モデルの一つです。こういったアイテムの場合、中古市場に出回っている玉数が少なく、買取店や鑑定士も扱ったことがないというケースが生じます。つまり、買取相場というのが存在せず、中古価格も安定しません。

ブランド買取のサイトなどでは、買取実例が紹介されているケースがありますが、相場のない稀少アイテムの場合、お店によって査定額の違いが大きく、少ない情報を信頼すると、後から「損した!」と後悔することになりかねません。

鑑定士の価値観が重要

稀少アイテムに関する知識と十分な査定経験のある買取店選びが、高額査定を引き出す最も重要なポイントとなります。
買取店もあまり取り扱ったことのない稀少モデルの場合、商品価値や時計愛好家の需要などを高く評価してもらえれば、予想外の高い査定が提示されたり、時には購入価格よりも高い金額が引き出せるケースもあります。

オークションのメリットが活きる!

オークションといえば、落札者はほしい商品をお店で買うよりも安く入手でき、出品者は買取店に売却するよりも高く売れるという、双方にとって大きなメリットがあります。特に、マニアックなアイテムの場合、狙い撃ちをする落札者も多く、オークションドリームとでも言えそうな高値まで価格が引き上がるケースも多々あります。
もともと流通量が少なく、中古商品を探すのも困難なアイテムは、オークション向きと言えるでしょう。

マイスタージンガー買取のおすすめ店

ウォッチファン

時計専門の買取店で、買取実績も豊富。稀少価値の高いアンティーク時計や宝飾品に分類されるような豪華な高級時計も、全て現金買取で対応します。
買取したブランド時計は、世界各国に広がるマーケットで販売するため、取り扱いブランドが幅広いのも特徴です。例えば、日本国内では査定額60万円の商品も、海外販売を視野に入れれば63万円の査定が提示可能になるなど、広告などのコストを抑えつつ、流通ネットワークの広さを活かした高値買取に期待が持てます。

ジャックロード

ジャックロードで購入した中古時計やアンティーク商品なら、1年以内の買取査定で購入額の最低70%以上の査定額を保証。「購入したお店に売るのが一番有利」という噂を現実にするキャンペーンを実施しています。
買取方法は、店頭買取と宅配買取の2種類。インターネット査定では不安が残る稀少モデルの買取は、店頭に持ち込めば、査定額に納得できるまで鑑定士に丁寧に説明してもらえます。宅配査定では、商品到着後24時間のスピード対応。万が一、査定額に同意できず不成立となった場合も、返送料を負担してもらえるので安心です。

まとめ

マイスターシンガーの時計は、もともとの生産量自体が少ないですから、大手買取チェーンの鑑定士でも取り扱ったことがないという人は多いと思います。残念ながら日本国内での知名度はあまり高くなく、中古販売のマーケットは海外を意識した方が有利と考えられる商品です。
為替相場なんかも考慮しながら、もっともベストなタイミングで売れるよう、日頃から価値をわかってくれる鑑定士探しを始めておきましょう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP