体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本中の注目を浴びた一人の音楽家の素顔に迫るドキュメンタリー

1607191

ゴーストライター騒動で注目を集めた佐村河内守を追った、ドキュメンタリー映画『FAKE』が公開中。

視聴覚障害を持ちながら数々の音楽を発表し、“現代のベートーベン”を称された佐村河内。しかし、音楽家の新垣隆が18年間に渡りゴーストライターを務めていたと告白、耳も聞こえていると暴露したことは記憶に新しい。騒動については謝罪したものの、その後は沈黙を守り続けている彼が、カメラの前で見せた姿とは―—。

監督は、オウム真理教をテーマにした『A』、『A2』の森達也。何が真実で、何が嘘なのか? 衝撃のラストに目が離せない!

FAKE
監督:森達也
出演:佐村河内守
(2016年/日本)
公開中
http://www.fakemovie.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。