ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Tor Browserを使ってウィキリークスに投稿する

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Tor Browserを使ってウィキリークスに投稿する

ウィキリークスを支える大きな柱といえるのが「Tor(トーア)」と呼ばれる匿名通信システムです。リークする人の素性を守るために用意されています。通常のブラウザの代わりにTor Browserを使うだけです。ウィキリークスを支えるTorや暗号化について見ていきましょう。

Tor Browserを使って匿名通信

クリプトームのような先行するリークサイトに比べて設立当初のウィキリークスが斬新だったのは、通信経路匿名化ソフトウェアの「Tor(トーア)」を応用したリーク受付システムを用意していたことでした。

Torはオニオン・ルーティングという技術を実装したソフトウェア。アクセス元のIPアドレスなど、リークする人につながりかねない情報をアクセス先に残さないようにすることができます。

すなわち、Torは接続元IPアドレスを隠してネットにアクセスできる、匿名通信システム。通常のブラウザの代わりにTor Browserを使うだけです。Tor経由でしかアクセスできないサイトもあります。

Tor Browser経由でないリーク

実際、現在のウィキリークスのリーク投稿システムは匿名化ソフトTor経由でのみアクセス可能。よって、仮にウィキリークスのサーバが押収されたとしても、リークする人の素性は秘匿されたままとなります。

その後、運営の混乱からしばらくこのシステムはほぼ機能を停止。ウィキリークスが名を挙げたリークのほとんどは、結局のところTor Browser経由ではなく、従来通りの手渡しなどで得られたデータが多かったようです。

しかし、2015年に入ってようやく復旧。「wlupld3ptjvsgwqw.onion」から、Tor経由でのみアクセスすることができます。また、公開鍵暗号ソフトウェアのGnuPGによってあらかじめ資料を暗号化しておくことも推奨されています。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。(文/八田真行)

関連記事リンク(外部サイト)

匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
パスワード表示ソフトでアカウント情報が丸見え
アドウェアは削除ツールでまとめて撃退すべし!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。