体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Windows7でWindows10の最新機能を追加する

Windows7でWindows10の最新機能を追加する

Windows10で追加された新機能はフリーソフトを使うことでWindows7でも追加可能。そこで、Windows10で進化した「Aeroスナップ」と、エクスプローラーに採用されたボタンUIを、Windows7に追加するソフトを紹介しましょう。細かいながらも便利に使える最新機能です。

Windows7で最新のAeroスナップ

Windows10の「Aeroスナップ」は、ウインドウを1/2サイズだけでなく、1/4サイズにもリサイズできるようになりました。Windows10の場合、デスクトップの角にウインドウを移動すると、1/4サイズにリサイズできます。

「AquaSnap」を導入すると、これをWindows7で再現可能です。まずは「Nurgo Software」からAquaSnapを入手してインストールしてください。

このとき「AquaSnapパーソナルを使用する」をチェックして進めます。これでWindows10同様に、デスクトップの角にウインドウを移動して1/4サイズにリサイズできるようになるのです。

エクスプローラーのリボンUI追加

Windows10のエクスプローラーはクリックでタブとボタンの表示が切り替わるリボンUIを採用。ウインドウ操作をここから選択できるようになりました。「Better Explorer」はこれWindows7で再現できるソフト。従来のエクスプローラーに置き換えて使えます。

まずは「Better Explorer」をインストール。「File」タブの「Options」→「Language」から「Japanese(日本語)」を選んで日本語化します。

続いてクイックアクセスツールバーで、よく使用する機能にチェック。使いやすくカスタマイズします。なお、リボンUIはスペースをとって邪魔になりがち。普段は右上のボタンをクリックして、折りたたんでおきましょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。