体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電子レンジが壊れた!修理か処分か?お役立ち方法のまとめ

電子レンジの故障を迎え打つ!

冷凍食品が作れない。料理を温め直せない。みなさんは電子レンジが突然使えなくなった時のことを考えたことがありますか?…ガスコンロなどと比べるとその歴史は意外に浅く、目に見えない電磁波で食品を調理することの安全性が議論されたこともある電子レンジですが、それも今は昔、キッチンの必須アイテムとして鎮座していますね。

その一件シンプルに見える構造から想像しにくい故障ですが、壊れるときは壊れます。そんなときに素早く対応するための知恵を、頭の片隅に入れていただきたい。今回はそんなお話です。知って損はございません、ぜひご一読お願いします!

電子レンジの今日

電子レンジは文字通り電子を放出し、水分を振動させることで食品を温めています。構造は意外とシンプルなもので、現在は電気熱で庫内を温めて調理するオーブン機能を併設するものがほとんど市場を占め、単機能の電子レンジはかなり少なくなっています。

現在ほとんどのメーカーで購入と同時に1年間の保証期間を設けています。そして販売店で任意に価格の数%を払うことによって、販売店独自の保証(3年〜5年、10年の場合も)に入ることができます。家電量販店の販売競争は激しく、一定の金額の商品であれば無料で販売店保証がつく、というようなパターンも作りとにかく買ってもらうことに必死です。購入時に流されるままに加入していることもありえますので、まず現在どの保証の期間にいるのか、または保証外なのかを確認することから始めましょう。

電子レンジが壊れた!

動かない・異音がする。とうとう電子レンジが壊れてしまった。このとき、次のポイントを確実に押さえてください。

説明書を見る

メーカーによっては庫内に食品を入れて、スタートボタンを一定期間押さないと動作を止めるしくみになっている商品もあります。まずは取扱説明書をていねいに見直してみましょう。説明書を無くした場合でも、現在はインターネットから入手できることがほとんどです。

絶対に自分で修理はしない

ブレーカーは落ちていない・電源プラグもきちんと入っている。いよいよ故障してしまったとき、絶対にやってはいけないのが自分で修理することです。電子レンジは「マグネトロン」という真空管の一種から非常に高い周波数の電磁波を出すことで機能しています。マグネトロンは市販されていませんし、専門家が直さなければ放射線の被曝の可能性もあります。

また電子レンジのコンデンサは十分に放電しなければ感電するほどの電圧を持っています。知識もなくやみくもに分解しようとしてはいけません。自分で修理することは絶対やめましょう。

修理

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会