ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本インディーゲームシーンを追いかけたドキュメンタリー映画『Branching Paths』が7月29日に配信開始【BitSummit 4th】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月9日~10日に開催されたインディーゲームの祭典、Bitsummit 4th。
そこで展示されていた作品の1つが、TVディレクターなどの仕事を行ってきたフランス出身のアン・フェレロ(Anne Ferrero)監督による、2年間に渡り日本のインディーゲームシーンの取材を行った映画『Branching Paths』。Bitsummitに出展された作品に与えられる賞の1つである「MAGICAL PRESENCE AWARD」にも選ばれていた話題作だ。

・『Branching Paths』トレイラー


 

 

 
トレーラームービーはPLAYISMブースにて出展されていた。本映画はSteam、Playism、iTunesにて7月29日に配信予定、価格は980円(税込)となっている。対応予定言語は英語・日本語となっている。今回、会場にて、アン・フェレロ監督に『Branching Paths』に関するコメントを頂くことが出来たので、掲載したい。

「この映画の撮影に関しては、自分の本業とは別で2年間、活動を行ってきました。そういった意味では、この映画自体もインディーですね(笑) これまでインディーゲームシーンを描いた映画は『Indie Game: The Movie』などありましたが、日本ならではの特色あるインディーゲームにフォーカスを当てた映画はなかったと思います。

この映像制作のためにインタビューした人数は80人ほど。完成に至るまで時間がかかりましたが、それに見合った作品になったと思っています。見てほしい方としては、海外・日本のどちらの人も想定していますが、やはり日本の人にこそ見てほしいと思っています。特にインディーゲームに関わる人、そしてゲーム好きの人に見て頂きたいと考えています。」


 

 

 

 
日本のインディーゲームの現状を発信しようとした本映像を、ぜひ見ておきたいところだ。

Branching Paths 公式ページ

関連記事:

ビジネスパーソンに遊んでほしいフリーゲーム・インディゲーム9選
ゲームの半分はフリーゲームとして作り続けたい ―開発者SmokingWolf氏インタビュー(前編)
切ないメッセージで話題のゲーム『ひとりぼっち惑星』情報まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP