ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古本を名古屋で売るならどこがいい?名古屋の古本買取店紹介

  • ガジェット通信を≫

名古屋最大の古書街鶴舞は古本の買取におすすめ?

名古屋で古本といえば鶴舞です。名古屋古書組合があるのも鶴舞ですし、実際に15店近くの古書店が集まっている地域になります。本好きにはたまらない街ですよね。

もちろん古本の買取も行っています。では古本を買取してもらうには鶴舞に持っていけばいいかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

例えば人気マンガなどの買取は、大型の古本買取店のほうが高値で買取してくれることもあります。ただし、絶版となったマンガとなるとこれは鶴舞で買取をしてもらうほうが高値を期待することができます。

鶴舞での買取が向いているのは「古いけど価値のある本」になります。

大型の古本買取店は、一般大衆向けの古本を薄利多売で売買するのに対して、鶴舞の古本店は、専門家向け、マニア向けの古本を高値で買取し高値で売ることをメインとしているお店が多くなります。

そのため、価値のある古い本などは鶴舞に持ち込んだほうが高価買取を期待できます。

名古屋の古本買取おすすめ店

それでは名古屋で古本を買取してもらうときに、おすすめの買取店を紹介しましょう。古本を手放したくなったときは、ぜひ参考にしてください。

エーブック

出展:エーブック
エーブックは鶴舞駅のひとつ西側にある上前津駅の北側エリアにある買取店で、古本の売買だけでなく、本の出版も行っています。インターネット古書店から始まったという珍しい歴史のある買取店でもあり、名古屋でも注目度の高いお店になります。

ファンクラブの会報など芸能資料など、芸能関係やファッション関係の書籍や、アート系の写真集、医学書、法律書などの専門書の買取を得意としています。

名古屋だるまとみき

出展:名古屋だるまとみき
枇杷島にある名古屋の古本買取店「名古屋だるまとみき」は、名古屋だけでなく愛知、岐阜、三重の全域で無料の出張買取をしている買取店です。何千冊でも何万冊でも買取対応可能ですので、積み重なった蔵書の買取時に依頼したい買取店になります。

どんな本でも買取してもらえますが、力を入れているのは専門書になりますので、大型古本店での高価買取を期待しづらい、難しい内容の本がある場合におすすめです。

古本出張買取屋

出展:古本出張買取屋
名古屋の出張古本買取専門店が「古本出張買取屋」です。1冊からでも出張買取をしていますので、買取店に行く時間がない人や、本が多すぎてとてもお店まで持って行くことができない人におすすめの買取店です。

値段がつかない本も引き取りしてもらえますので、買取不可になった本をリサイクルゴミで出す手間も省くことができます。買取に来てもらうときも本棚に入れたままで問題ありませんので、とても手軽に買取を依頼することができます。

大学堂書店

出展:大学堂書店
大学堂書店は90年の歴史を持つ、鶴舞にある古書店になります。店内には古本がびっしり詰まっていますが、きちんとデータベース化されているため、担当者に依頼すれば探している本がすぐに見つかるため、購入者からの信頼が高いお店です。

古書を中心に取扱っていますが、絵本や趣味の本など幅広い分野での買取を期待できます。出張買取にも対応しているため、大量の本がある場合でも安心して買取依頼のできるお店です。

名古屋で古本を買取をしてもらうときのポイント

名古屋で古本を少しでも高く買取してもらういたいときはどうすればいいのでしょうか?、高価買取のためのポイントを紹介します。

本の種類で買取店を選ぶ

古本の買取店にはそれぞれ個性があり、その個性を目当てに本好きが集まります。絶版のマンガが揃うお店や、古今東西のミステリーが集まるお店など、何を売りにしているのかを見極めて、古書店の得意とするジャンルの本を買取してもらうようにしましょう。

漫画や流行の小説などは、大型の古本買取店に依頼するほうが高くなる傾向にありますので、ブックオフなどの全国展開をしているチェーン店で買取査定をしてもらいましょう。

専門書は鶴舞などの古書店に持って行くと、納得の買取価格を提示してもらえます。ただし鶴舞の古書街の古書店ならどこでもいいわけではあありません。古書街の中にも扱っている本のジャンルがそれぞれ違いますので、まずは本屋に入って、どのジャンルの本が多いかチェックしてみましょう。

本をきれいにして買取査定をしてもらう

本を買取してもらうには見た目の美しさが重要になります。とはいえ読み終えてすでにボロボロになっているようでは、そこからの回復も見込めませんので、まずは普段からブックカバーをつけるなどして、本を大切に扱ってください。

家で保管するときも、本が日焼けしないように気をつけましょう。日焼けは古本にとって致命的なトラブルの一つになります。必ず日の当たらないところで保管してください。

表紙の汚れなどは、オイルライターのオイルや、薄めたマジックリンでも落とすことができます。できるだけ本の汚れを落としてから買取してもらいましょう。

人気の小説や漫画はすぐに買取してもらう

発売されたばかりの本は、発売日が一番高く買取をしてもらえる日だと考えてください。発売日に新品同様の状態であれば、古本として売るときも新品に近い価格で売ることができるためです。そこから時間が経過すればどんどん買取価格は下がっていきます。

このような新しい本の買取先はブックオフなどの大型のチェーン店がおすすめです。大型のチェーン店の客層が、流行の小説や漫画を好む人たちふぁ多いため、すぐに売れる小説や漫画はそれだけ高値での買取を期待できるのです。

まとめ

古本を名古屋で買取してもらう場合は、専門書や絶版本などは鶴舞の古書街で買取がおすすめです。ほとんどの買取店で出張買取をしてもらえますので、本が多い場合などでも心配いりません。

人気の小説や漫画は全国展開をしているような大型のチェーン店に買取してもらうようにしましょう。買取店を使い分けることで、古本は適正な価格で買取をしてもらえます。手間はかかりますが、本の数が多い場合は、大きな金額差になります。

1円でも高く買取をしてもらいたい場合は、本の種類によって買取店を使いわけて、少しでも高く買取をしてもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP