ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷室京介、完全燃焼の「LAST GIGS」ファイナルステージをWOWOWで7/23放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月23日、東京ドーム。30万人以上を動員した、4大ドームツアー「LAST GIGS」のファイナルステージが行われた。会場を埋め尽くした大観衆の数、55,000人。特別な緊張感がざわつきと交わり、ドームの空間を包む。定刻を過ぎ場内が暗転し、異様な熱気の中で歓声がこだまする。

大型ビジョンに映し出される「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」の文字。場内の悲鳴の様な歓声の中、氷室は叫ぶ。“最後の夜だぜ!騒ごうぜ!”「DREAMIN’」のイントロがドームに響く。ライブ冒頭から、会場のボルテージは最高潮だ。「RUNAWAY TRAIN」「TO THE HIGHWAY」「BABY ACTION」。BOØWYナンバーが立て続けに披露される。「今夜のライブの意味は、説明しなくてもわかると思う」氷室の言葉に全員が絶叫で応える。

そして、「LOVER’S DAY」「CLOUDY HEART」と、自らの心情を吐露する様なバラードを、優しく、そして力強く歌う。厳かな空間。「喋りではなく、歌で伝えてきた」氷室の真髄ともいえる、魂を込めた熱唱が続く。

ライブは中盤から後半に差し掛かり、氷室が35年間かけて構築した鉄壁のビート系の楽曲が次々と披露されていく。氷室の歌い出しに大観衆の歌声が連鎖する。氷室と想いをひとつにするように、全員が共に歌い叫ぶ。氷室もマイクを客席に向けて、皆の歌をひとつにしようと煽る。本編のラストを飾ったのは、ソロデビュー曲「ANGEL」。不器用なまでに武骨な氷室の生き様に、55,000人が大合唱で呼応する。最高・最後のロックアンセムだった。

ウェーブが起こり、ボルテージはレッドゾーンを振り切っていく。その熱に煽られる様に、氷室がステージに現れる。アンコールの1曲目、「THE SUN ALSO RISES」。全身全霊。あまりにも厳かな歌に、立ち尽くした。時間が永遠に感じた。そして、キャリアを代表するシングルナンバー「JELOUSYを眠らせて」「VIRGIN BEAT」「SUMMER GAME」。熱狂と感動、そして氷室に同期し爆発する会場の熱量。それこそが氷室のステージの醍醐味だと、改めて感じた。

“今夜は死ぬまで終わんねえぞ!”アンコールで氷室は叫んだ。その言葉通り、35年間のライブ活動を締めくくるに相応しい渾身のステージだった。ソロアーティストとして、計12回の東京ドーム公演は前人未踏の記録。氷室が完全燃焼したファイナルステージを、番組で追体験しよう。

番組情報
「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜LAST GIGS AT TOKYO DOME〜」
7月23日(土)20:00 WOWOWプライム
収録日:2016年5月23日
収録場所:東京 東京ドーム

ライブ放送当日には、氷室京介×WOWOW“LAST GIGS”スペシャルコラボレーション4番組一挙放送
7月23日(土) ※いずれも放送はWOWOWプライム
12:30 「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜HISTORY OF BOOWY TO KYOSUKE HIMURO〜」
4月にオールキャリア・ベストアルバムを発売、ツアー“LAST GIGS”を開催した氷室京介。BOOWY時代からソロ活動までのライブ映像とMVで彼の35年を紐解く。
16:30 「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜25TH ANNIVERSARY PROGRAM RE-EDITED VERSION〜」
4大ドームツアー“LAST GIGS”を最後にライブ活動の無期限休止を発表した氷室京介。2014年に放送したソロ25周年特集の3番組を特別編として再編集。
18:30「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜DOCUMENT OF LAST GIGS〜」
氷室京介4大ドームツアー“LAST GIGS”に完全密着したドキュメンタリー。ラストステージへ向かう彼の一挙手一投足を記録した渾身のプログラム。
20:00「氷室京介 WOWOW SPECIAL 〜LAST GIGS AT TOKYO DOME〜」
“KING OF ROCK”氷室京介、完全燃焼の“LAST GIGS”ファイナルを放送。35年間のライブ活動を締めくくるにふさわしい渾身のステージは必見。

特設サイトではスペシャル動画を公開中
http://www.wowow.co.jp/music/himuro/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP