ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイヨンダイ・ブラクストン 最新作から9分の超大作「Greencrop」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 予想を遥かに超えた冒険的内容と完成度の高さがリスナーの度肝を抜いたアルバム『HIVE1』に続く、タイヨンダイ・ブラクストンによる最新作『オレンジド・アウト E.P.』から、新曲「Greencrop」が解禁された。

 フリージャズの巨匠、アンソニー・ブラクストンを父に持ち、ポスト・ロックの最重要バンド、バトルスの元メンバーでもあり、“この10年で最も評価されている実験音楽家”と評されるタイヨンダイ・ブラクストン。ビョークも絶賛し、実験音楽家としての評価を決定付けた『セントラル・マーケット』から6年、ミニマル・ミュージックの巨匠フィリップ・グラスとの交流や、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、シドニー・オペラハウスなどでの公演を経て完成したアルバム『HIVE1』は、モジュラー・シンセを用いたエクスペリメンタルな電子音楽に舞踏のようなリズムを投入した生々しくもイマジナティヴな大傑作。

 そんな彼の新作『オレンジド・アウト E.P.』は、『HIVE1』で実践されたエレメントをさらに拡張させた楽曲集。公開された収録曲「Greencrop」は、タイヨンダイが追求した電子音とリズムによるリズムの生成の集大成と言っても過言ではない9分に及ぶ超大曲となっている。

 現代音楽の名門レーベル<Nonesuch Records>よりリリースされる『オレンジド・アウト E.P.』の日本盤は、2016年7月22日にリリース。iTunesでアルバムを予約すると「Oranged Out」と「Greencrop」の2曲がEPリリースに先駆けてダウンロードできる。

◎「Greencrop」音源
https://soundcloud.com/tyondai/greencrop

◎『オレンジド・アウト E.P.』トラックリスト
01. Oranged Out (5:34)
02. Hooper Delay (6:45)
03. Fifesine (2:01)
04. Phono Pastoral (4:26)
05. Greencrop (9:05)

◎リリース情報
『オレンジド・アウト E.P.』
タイヨンダイ・ブラクストン
2015/07/22 RELEASE
1,600円(plus tax)
※日本盤ボーナス・トラック追加収録
http://apple.co/29H9cbJ

関連記事リンク(外部サイト)

タイヨンダイ・ブラクストン 元バトルスの鬼才が約6年ぶりにソロ・アルバムを発表
【シネ・ロック・フェスティバル】デヴィッド・ボウイの非売品ステッカープレゼント
【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイク連覇ならず、ブリンク182が初動18万枚を記録し堂々の1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP