ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【HOT BUZZ】ナオト・インティライミ新曲が首位、動画再生数トップはユニゾン「シュガーソングとビターステップ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週は、ナオト・インティライミの「Overflows~言葉にできなくて~」が初登場1位に輝いた。

 今週の総合チャート“HOT 100”では、関ジャニ∞「罪と夏」が圧倒的なセールス数により1位を獲得したが、デジタル分野のみを集計するとナオト・インティライミ「Overflows~言葉にできなくて~」がダウンロード数で1位となり順位は逆転。ファン層の違いが顕著に出た結果となった。

 また3位となったのは昨年リリースのUNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」。7月6日にアルバム『Dr.Izzy』がリリースされたことから、テレビ朝日『ミュージックステーション』などメディア露出が相次ぎ、国内動画再生回数で1位を獲得している。

 続く、4位SMAP「世界に一つだけの花」と5位RADWIMPS「前前前世」は、いずれもTwitterで大きな盛り上がりに。SMAP「世界に一つだけの花」は7月9日の草なぎ剛の誕生日にあわせて週間で、6万ツイートを集め、Tweet数で1位を獲得。続く5位RADWIMPS「前前前世」は、TOKYO FM系列「SCHOOL OC LOCK!」でフル音源が初オンエアされ、さらに先行配信も決定するなど話題が相次いだことがTweet数増に繋がり、話題を呼んだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG (2016年7月15日付)
1位 ナオト・インティライミ「Overflows~言葉にできなくて~」
2位 AAA「Yell」
3位 UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」
4位 SMAP「世界に一つだけの花」
5位 RADWIMPS「前前前世」
6位 平井堅「魔法って言っていいかな?」
7位 IDOLiSH7「NATSU☆しようぜ!」
8位 EXILE ATSUSHI「糸」
9位 E-Girls「STRAWBERRY サディスティック」
10位 Flower「やさしさで溢れるように」

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN Chart
関ジャニ「罪と夏」28.2万枚売り上げ総合首位、Suchmos、AAA急伸
【Chart insight of insight】毎年チャートインは確実! ドリカムが夏に売れる秘密とは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP