ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】毎年チャートインは確実! ドリカムが夏に売れる秘密とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7/7にDREAMS COME TRUEのベスト・アルバム『私だけのドリカム』がリリースされ、今週のHot Albumsで2位を記録している。本作は、ちょうど1年前の昨年7月にリリースされた『私のドリカム』に続く第二弾で、前作で漏れていた人気曲に加え、メンバーがセレクトした楽曲で構成されており、ファンならずとも持っておきたいと思える内容になっている。

 さすがドリカムだなと思うのは、前作『私のドリカム』が再浮上し、9位を記録していることだ(【表1】)。しかし、再浮上というのは間違っているのかもしれない。売上の推移を見ていると、この1年間ずっと上位に君臨し続けており、もっとも低かった週でも5/9付の32位(青のグラフ)。売上数は言うまでもなく、レンタルの指標となるルックアップ(PCでの読み取り数)にいたっては、20位を下回ったのは2回のみだ(黄色のグラフ)。いかに多くの人々に支持されているのかは、一目瞭然だろう。新作『私だけのドリカム』も同様に長くチャートに残ることが予測される。

 新作もロングセラーになるであろうことを裏付ける理由はもうひとつある。Hot100を見てみると、「7月7日、晴れ」が39位にランクインしているからだ(【表2】)。この曲は1996年に同名タイトルの映画主題歌として発表されたが、実は毎年七夕時期になるとラジオでのオンエアを稼いでいる。過去2年を見てみても昨年は41位、一昨年は34位と好成績を残しているし、今年は新作ベストに収められた効果もあって8位まで上昇している(緑のグラフ)。おそらく、これからも毎年この曲はチャートインしてくるだろうし、その度に『私だけのドリカム』も多くのリスナーに手にとられ、チャート上位に浮上してくることだろう。text by 栗本斉

表1:アルバム『私だけのドリカム』のチャート動向
表2:「7月7日、晴れ」チャート動向
more info:http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN Chart
関ジャニ「罪と夏」28.2万枚売り上げ総合首位、Suchmos、AAA急伸
【Chart insight of insight】桑田佳祐はなぜ今もチャート上位に入るのか? 2曲同時に上位ランクインの秘訣。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP