ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】2016年上半期セールスALチャート、初週売上げが大きかったのはどのタイトル?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日、SoundScan Japanが2016年上半期セールスアルバムチャートのトップ10を発表し、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB LEGACY』が2位に倍以上の差で1位を獲得した。また、その三代目JSBも参加している『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』が、6月15日リリースと集計期間が短いにも関わらず5位に。さらに、E-girls『E.G. SMILE -E-girls BEST-』が3位に入っており、LDHアーティストの人気の高さがわかる結果となった。

◎2016年上半期セールスアルバムチャート(計測期間:2015年12月28日~2016年6月26日)
1位:『THE JSB LEGACY』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 61.5万枚
2位:『あの日 あの時』小田和正 30.4万枚
3位:『E.G. SMILE -E-girls BEST-』E-girls 28.8万枚
4位:『Butterflies』BUMP OF CHICKEN 28.0万枚
5位:『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』(V.A) 27.9万枚
6位:『それぞれの椅子』乃木坂46 23.7万枚
7位:『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』いきものがかり 23.4万枚
8位:『I SCREAM』Kis-My-Ft2 20.5万枚
9位:『METAL RESISTANCE』BABYMETAL 19.6万枚
10位:『10TH ANNIVERSARY BEST “10Ks!”』KAT-TUN 18.5万枚

 2位には、1970年代から現在まで日本の音楽シーンの第一線で活躍をしている小田和正のオールタイムベストアルバム『あの日 あの時』。バンド勢で唯一トップ5入りを果たしたのが、BUMP OF CHICKEN『Butterflies』。また、女性アイドルからは、乃木坂46『それぞれの椅子』が6位に入っている。2016年上半期はバラエティに富んだ作品が顔を並べたチャートになった。それでは次に、上記トップ10を“初週売上げ順”に並べてみると下記のようになる。
 
◎2016年上半期セールスアルバムチャート初週売上げ順・枚数
1位:『THE JSB LEGACY』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 45.5万枚
2位:『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』(V.A) 24.4万枚
3位:『I SCREAM』Kis-My-Ft2 20.5万枚
4位:『Butterflies』BUMP OF CHICKEN 20.4万枚
5位:『それぞれの椅子』乃木坂46 18.7万枚
6位:『E.G. SMILE -E-girls BEST-』E-girls 17.5万枚
7位:『10TH ANNIVERSARY BEST “10Ks!”』KAT-TUN 14.6万枚
8位:『METAL RESISTANCE』BABYMETAL 12.9万枚
9位:『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』いきものがかり 10.9万枚
10位:『あの日 あの時』小田和正 10.8万枚

 ここでも『THE JSB LEGACY』が上記作品の中で唯一初週40万枚を超える数字をだして1位をキープ。そして注目は、小田和正『あの日 あの時』だ。4月20日のリリースタイミングでは10.8万枚で、そこから約2か月の間に20万近い枚数を売り上げており、ここまでの伸びを記録しているタイトルは他には見当たらない。初週の勢いは他の作品には届かないが、着実に売上げを重ね続ける、まさにロングセールス作品と言える。また同じベストアルバムの『E.G. SMILE -E-girls BEST-』や『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』は、リリース2週目以降で10万枚以上を売り上げている。ベスト盤はリリース後もセールスをじわじわと伸ばす傾向にあると言えそうだ。

※表示枚数、金額は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

2016年上半期音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約1,399億円【SoundScan Japan調べ】
三代目JSB、バクナン、星野源…上半期“JAPAN Hot Albums”を制したのは!?
BIGBANGが「LiveFans」2016年 上半期観客動員ランキングで1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP