ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なにわ丼」がデミグラスソース好きにはたまらない! @とんかつ店「なにわ」【大阪市】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーターのsenaです。

今回は、なんばにも日本橋にも近い

とんかつ「なにわ」に行ってきました!

店長さんのおすすめメニューはこちらのようですが……。

私のお目当ては、そう、ここの店名にもなっている、「なにわ丼」!

とにかく中に入って注文、 注文!

こんにちは~。

「なにわ丼」ください!

店長の難波さん。

注文が入ると同時に、目の前で揚げてくれます。

目の前で繰り広げられる職人の技。

ドキドキしながらも、「なにわ丼」のエピソードを難波さんにおうかがいしました。

──「なにわ丼」ってどのようにしてできたのでしょうか?

「もともとかつ丼しかなかったんやけど、かみさんが私はこれで食べるって言うてできたんが、『なにわ丼』ですわ」

──と、いうことは、最初は“まかない”のようなもの?

「そうです、そうです。そこから、おなじみさんが、こっちの方が食べたいって言って、メニューになりました」

なるほど~。

奥様がこれで食べる! と言わなかったら、「なにわ丼」は存在しなかったわけですね。

難波さんは、フライにもこだわりをお持ちですが、ご飯にもすごくこだわっているそうです。

「ご飯っていうのはフライよりも難しい。水だけで炊いて、塩など調味料を入れずに、美味しいっていう料理は、世界の料理の中でもご飯だけですよ」

ほんと、言われてみれば、その通りです。

炊き立てのおいしいご飯を食べてもらいたいという理由から、「なにわ」では一度に五合しか炊かないそうです。

またお米屋さんと店長さんで厳選したこしひかりブランドを使用。

洗ったお米は余分な水分を切り、すぐに冷蔵庫に入れる。

これは、洗ったお米は風に当たると割れやすいのと、お米を引き締め、芯まで柔らかくするためだそう。

水分もかなり厳密に水加減を量って、炊きあがったご飯は10分蒸らしておいしさを固定するという徹底ぶり。

今は息子さんと二代で営業しているそうで、先代は昭和45年からこの職人の技を守っているそうです。

「職人だから与えられたものの一番美味しい、最高の状態で召し上がって欲しい」

40年来のお客さんもいらっしゃるそうで、職人の味をずっと守っていらっしゃる難波さん。本当に素敵です。

そんなお話をうかがっているうちに、「なにわ丼」ができあがりました~!

▲なにわ丼 (900円)

デミグラスソースがたっぷりとかかっています!

こだわりのご飯をのぞいてみると、

デミグラスソースがひたひたで、ご飯だけで食べられそうです。

「なにわ丼」は、豚肉・鶏肉・豚ミンチ・タマネギ・イモ・南瓜のフライがのっています。

すごいボリュームなんですが、衣がすごく細かくて、胃もたれなんてまったくしないんです。

南瓜のほくほくと、衣のサクサクと、酸味の強いデミグラスソース。

めっちゃあう!

お肉との相性も言わずもがなですよね。

「なにわ丼」の良いところは、いろんなお肉も食べられるし、野菜も食べられるというところ。 ぜひこの味をずっとずっと守っていって欲しいです。

丁寧な職人技の日本食が

この先もずっと食べられることを祈って、お店をあとにしたのでした~。

お店情報

なにわ

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-6-1

電話番号:06-6633-0472

営業時間:11:30~15:00、17:30~20:00

定休日:水曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:sena

大阪生まれ大阪育ち/もの書き/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とうもろこし

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【ハンバーグ好き必見】まるでユッケ?自分で焼いて食べる肉の塊ハンバーグ!
大阪・難波「自由軒」のカレー。その至極の味を再現できるか【料理解析・旅情編2】
キャラ立ちの明るい店主が営む韓国料理店。卵×焼肉の新マリアージュで新たなる世界へ

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP