ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラで唐沢演じるカリスマ編集長 「天才」と元部下回想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率好調が続くNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。舞台が戦後に変わり、これから小橋常子(高畑充希・24才)が出版社を興す姿が描かれていく。

 常子が出版社立ち上げに動く中、いよいよ“もうひとりの主役”が登場してきた。唐沢寿明(53才)演じる花山伊佐次。『あなたの暮し』の編集長として、常子の“魂のパートナー”となっていく人物である。

 彼のモチーフになったのは、66才で亡くなるまで『暮しの手帖』編集長を務めた花森安治さん。同誌の元編集部員・小榑雅章さん(78才)が振り返る。

「自分で取材してほとんどすべての文章を書き、表紙のデザインと絵、記事のレイアウトや挿絵も全部やる。まさに天才でした」

 劇中の花山はかつて内務省宣伝部に勤め、戦意高揚に加担したことへの呵責から当初、出版に携わることを拒否するが、花森さんも大政翼賛会宣伝部員としてポスターや標語の制作に携わった。そのため常子のモチーフ・大橋鎭子さんと創刊の時に“戦争反対”を誓い合い、人々の暮らしをよくする雑誌作りに打ち込んだ。

 一方で、その思いが強すぎるために「頑固」「癇癪持ち」などと評されることも。花山と常子の初対面では、花山が常子を怒鳴りつけるシーンがあった。

 元編集部員の唐澤平吉さん(67才)が語る。

「仕事に関しては厳しい上司で、私もよく叱られました。入社してすぐの頃、“『暮しの手帖』1冊分のプランを出せ”と言われたこともありました」

 粗悪な商品から人々の暮らしを守るために始めた「商品テスト」の企画も花森さんの発案。公正を保つためにテストに使う商品は必ず正規の値段で買い、スポンサーからの圧力を受けないよう広告を一切載せなかった。

 石油ストーブの商品テストでは、こんなことがあった。

 編集部は実験の結果、石油ストーブが倒れて火が出たとき、“水をかければ消える”と発表したが、東京消防庁は“水をかけると火が広がる”と反論。60回のテストの末、編集部に軍配が上がった。

 鎭子さんとはどんな関係だったのか。小榑さんが言う。

「ふたりはまさに補いあう関係でした。花森さんが雑誌作りのほとんどを自分でやってしまう一方、鎭子さんの原稿をもらってくる能力は並外れていました。鎭子さんは、人に好かれるというか、相手の気持ちにするすると入っていける不思議な能力の持ち主でしたね」

 そんな2人の関係が劇中でどんなふうに描かれるのか。今後の展開から目が離せない。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
朝ドラ 高畑充希、唐沢寿明、及川光博らがガッツポーズ
朝ドラで話題『暮しの手帖』 商品テストで家1軒燃やす
『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP