ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀歯をここまで普及させた患者不在の「値段設定」の罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「銀歯」は、中高年世代にとって虫歯治療の代名詞。だが、世界的にみると日本独自の特殊な技術であり、虫歯の温床となっていると東京医科歯科大学の田上順次副学長は指摘する。

「詰めた銀歯が外れたり、銀歯の隙間から細菌が入って再び虫歯になるケースがあります。また、以前は銀歯が外れないように大きく削る技術教育が重視されて、虫歯ではない健康な部分の歯も削っていたのです。歯は削ると元に戻りません。削れば削るほど寿命が短くなります」

 そこで田上副学長のグループは、銀歯に代わるコンポジットレジンという、プラスチック系素材を研究開発した。これはペースト状になっているので、歯を大きく削らなくても詰めることを可能にした。

 しかし、レジンの普及はなかなか進まなかった。その背景には「値段」の問題がある。

「レジン治療は技術的に難しく、時間をかけて丁寧にやらなければなりません。にもかかわらず、それに見合う保険点数がつかなかった」(田上副学長)

 患者には「再治療に繋がりやすい銀歯」より、「歯を極力削らずに済むレジン」がいい。だが、多くの歯科医は銀歯治療を選んだ。

 大臼歯1本の虫歯治療の診療報酬を比較すると、その理由がよくわかる。

「レジン治療」の場合(モデルケース、以下同)。
・う蝕歯充填形成/126点
・充填/102点
・コンポジットレジン材料/11点

 合計239点。歯科医の売り上げは「2390円」だ(他に初診料または、再診料、およびレントゲン代が加算される)。

 一方、「銀歯治療」の場合。

・インレー修復形成/120点
・印象採得/62点
・咬合採得/16点
・大臼歯/358点
・接着材セメント/17点
・装着料/45点

 合計618点。「6180円」となる。銀歯の保険点数は、レジンの2.5倍もあるのだ。

 さらに、歯科医が患者に対応する時間、いわゆるチェアタイムの違いもある。レジン治療が20~30分。対する銀歯治療は数分程度で済む。残りの作業は歯科技工士などに任せて次の患者を診療できるため“コストパフォーマンス”がいい。

 ただし、銀歯の材料となる金銀パラジウム合金が20年前と比べると約4倍に高騰。現在は銀歯治療をやっても以前のような利益は出ない。そのため、最近ようやくレジンの普及が進んでいる。

 そうしたなかで、銀歯の代わりにセラミックを勧める歯科医も多い。天然歯と似た色合いなので審美性に優れているし、硬すぎて割れやすいという弱点も改善されてきた。ただし、セラミックは自費診療で、クリニックによって価格差が大きい。

 歯科関係者によると、セラミックの被せ物(クラウン)は、材料費と加工費をあわせて2万円台から4万円。それが患者に請求する時は、都内のクリニックだと12万~15万円に跳ね上がる。自費診療の値段設定には家賃や人件費など経営コストの都合も絡むのだ。

●レポート・岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
削らずにすむ歯科治療「レジン」 銀歯押しのけ普及進むか
最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖
銀歯のリスク 虫歯の温床化や水銀が溶け出す怖れも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP