ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木宗男氏の母 最期の言葉は「もう1回国会へ行け!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「孝行のしたい時分に親はなし」というが、男にとって生まれて最初に接する異性である母の愛のありがたみは、失ってみて初めて気づくことがほとんどだろう。「瞼の母」の思い出を、新党大地代表の鈴木宗男氏(68)が語る。

 * * *
 今朝はニシンの塩漬けを食べました。これがめちゃくちゃ、しょっぱい。だけど懐かしくて、60年前の味をかみしめる思いでした。

 親父とおふくろが畑で豆や芋を作っていて、煮豆や芋を家でもよく食べていました。母の手料理といっても、他にはおつゆや漬け物に魚の糠漬けや塩漬け。地下に室を掘って食べ物を入れると、北海道は寒いから2~3か月は持つ。生活の知恵で、しょっぱいと保存がきくんだね。おふくろは日持ちのする煮付けもよく作ってくれた。

 おふくろは大正9年生まれで、大正人特有の我慢強さがあった。男性上位で女性が常に従うという、昔の女性のひとつの生き様みたいなものがありました。

 親父と畑仕事を朝早くから日が沈むまで、よく働くおふくろでした。学芸会でウサギの役をすることになって白いセーターが必要だと言ったら、ひと晩寝ずに編み上げてくれた。

 ウチは金がなかったから大学へ行く時もおふくろは反対でした。「母ちゃんも行かせてやりたいけど、現実を考えろ」ってね。

 でも、私はとにかく東京へ出ていかなくてはいけないと考えていた。その時は親父が「やってみろ」と言ってくれて大学へ行けたけど、私が19の時に親父が亡くなってしまった。おふくろはまだ45でした。

 仕送りは毎月2万円。当時の大卒の初任給が2万ぐらいだったと思います。時々仕送りが滞ることもありましたね。結婚した時、地元の質屋のおじさんにこう言われたんです。

「あの頃、お母さんは着物を質に入れてでも2千円、3千円のお金を作って送っていたんですよ」

 なんとも言えない気持ちになったですね……。おふくろは政治の道へ進むことも反対でした。安定した収入があるサラリーマンがよかったんです。でも結局は、私が進んだ道を応援してくれましたけどね。

 ただ、親孝行したい時に親はなし、でね。そんなおふくろに1回も、感謝の言葉を伝えられなかったことがつらいです。もっともっと、「おふくろのおかげですよ」と言えばよかった。

 平成9年に初入閣した際も、「これから大臣になるぞ」って、党本部からおふくろに電話をしたんです。きっと、大臣って言われても、何のことだかわからんかったんではないかな。でも「テレビ見とけ」なんて勝手に電話を切ってしまって、「ありがとう」と言えなかった私はバカだったなぁ。他人にはたくさん感謝したけど、おふくろは身近だったからね(落涙)。

 おふくろの最期の言葉が「母ちゃんは悪いことをする子供は産んでいない。宗男、もう1回国会へ行け!」という励ましでした。それで新党大地を立ち上げ、国会に戻ることができました。

 来春に公民権が戻ったら、今一度国政選挙に挑戦して国家国民のために頑張ります──。4月の命日に、13回忌を迎えたおふくろの墓前にそう誓いました。

●すずき・むねお/北海道生まれ。1983年、衆議院議員に初当選。1997年に第2次橋本改造内閣で入閣、1998年に小渕内閣官房副長官。2005年、新党大地結成。著書に『外交の大問題』(小学館新書)。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
中村獅童 正月にまつわる中村勘三郎と「お袋」の思い出語る
なぎら健壱 実家のおせちに入る「生たこ入りなます」が好評
「ありのままで」宣言の41歳妻 ノーメイク実践で周囲驚愕

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP