ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハチクロ、3月のライオンの原画約150点で魅了! 「羽海野チカの世界展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C)羽海野チカ/白泉社 (C)羽海野チカ/集英社

『羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~』が、東京・西武池袋本店別館の西武ギャラリーにて、8月4日より開催される。

等身大の美大生を描いた青春群像劇『ハチミツとクローバー』で2000年に長編作デビューを果たした羽海野チカ。次作『3月のライオン』は、プロ棋士・桐山零の成長を描く物語で、2016年秋よりNHK総合テレビにてアニメ放送を控えているほか、2017年には神木隆之介主演による実写映画化も決定している。

本展では、『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』を中心とした約150点の原画、さらに、絵本やキャラクターをテーマとした雑誌『月刊MOE』に掲載された描き下ろしイラストや、愛猫・ブンちゃんのイラストなども展示される予定。
また、複製原画をはじめとしたイベントオリジナルグッズも販売される。

なお、羽海野チカのイメージキャラクター ”ウミノグマ”の指人形付き前売券が、6月30日(木)より発売中。

男女問わず数多くのファンを魅了し続ける羽海野チカの世界を、堪能したい。

『羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~』
2016年8月4日(木)~8月17日(水)
会場:東京都 西武池袋本店 別館2階 西武ギャラリー
時間:10:00~21:00(8月7日、8月14日、8月17日は20:00まで、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般800円 大学生・高校生600円 中学生300円
※小学生以下無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP