ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリス智子の“誰にも教えたくない”沖縄のレストランとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE の7月18日(月・祝)の朝9時からオンエアした“海の日”のスペシャルプログラム「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAL RESORTFUL presents SEE YOU ON THE BEACH!」(ナビゲーター:クリス智子・DJ TARO)。この夏、ぜひ皆さんにも出かけてもらいたいリゾート「沖縄」をクリス智子が現地リポートしました!

羽田空港から那覇空港までおよそ2時間半のフライトで沖縄に到着したクリス。「やっぱり近いですね! そして夏だからか機内から見える空、雲が抜群に良くて。何度も見ているはずなのに、機内から外の景色を楽しみながら到着しました!」と、フライトから夏を楽しんだようなのですが…「なかなか太陽が手強いです(笑)。空港から一歩、外に出るとムンとした熱気で沖縄だなぁと感じます」と一言。

そして、まずクリスが向かったのは、空港から1時間ほどにある「ホテル日航アリベラ」。到着後、ホテルのマーケティング課長・名川英則さんにお話をうかがいました。

道中にはサトウキビ畑が広がっており、「暑いんですけど、雲と空とサトウキビ畑の色が本当にキレイで」とクリス。空港からホテルまでレンタカーで来られる方が多いそうなのですが、そのロケーションはお客さんにも評判なのだそうです。

ホテルに入ると、まず目を引くのが油絵や廊下の所々に置かれている宝箱。

「アリビラを語る上で外せないのが“アート”なんですけれども、陶器だとかラタン、アイアンなどアートのテイストが散りばめられていて、館内を美術館を歩くような感覚で楽しんでもらえます」と名川さん。美術館のように楽しめるアリビアですが、外に出ればプール、その先にはビーチがあり、リゾートの絶景が広がっています。

アリビラの目の前にあるのは、潮の満ち引きが激しいニライビーチ。多くのビーチは掘削しており、潮が引いても海水が残るのですが、アリビラは自然を大事にしようという思いからビーチを掘削していないそう。そのため、潮が引くと海水がなくなってしまい、マリンスポーツもできません。しかし、逆に潮が引いた時間に楽しめることがあるそうです。

「潮が引いたところにできる水たまりに、いろんな生き物がいるんですね。それをスタッフが先生となって“ここにはこういう生き物がいるよ”と紹介していくリーフトレイルというメニューがあります」

海岸に落ちている貝殻でアートを作る遊びや、自然を楽しむ遊びなど、アクティビティをたくさん用意してあるそうです。

これから本格的な夏のシーズンに入っていきますが、名川さんにおすすめの楽しみ方をお聞きしました!

「やはり、リゾートに来たらマリンスポーツかなと。スタンドアップパドルボード、ビーチカヌー、その他マリンスポーツは全般に扱っていますので、ぜひご体感いただければなと思います」

ということで、ビーチカヌーやスタンドアップパドルボードをインストラクターに教わりながら初体験したクリス。落ちたり、悪戦苦闘しながらもすぐにコツを掴んで楽しんだようです。

マリンスポーツで体を動かした後は、ストレッチや指圧で筋肉を伸ばしていくタイ古式マッサージを体験し、恩納村にあるレストラン「皿の上の自然」でランチタイムを満喫したクリス。「皿の上の自然」は数年前に一度、J-WAVEの番組で訪れたこともあり、シェフの奥さまの那須丈穂さんと再会を喜び合いました。

お店は海が見える丘の上という最高のロケーションなのですが、「お料理もやっぱり圧倒的ですね。確実に誰にも教えたくないです(笑)」とクリス。これには奥さまから「教えてよ(笑)」とツッコミが入りましたが、沖縄に行く機会がある方はぜひ立ち寄ってみてください!

今回の旅で、あらためて「リゾートってどういう意味なんだろう?」とその言葉の意味を調べたというクリス。リゾートは“RESORT”と書きますが「再び」を意味する“RE”、フランス語で「出る、現れる、外出する」を意味する“SORTIR”の略“SORT”からなり、“再び出かける”“何度も行く”という意味だったそうです。

「(リゾートとは)行くことによって、また出発してがんばろう、そういう気持ちになれる場所なんじゃないかなと思いました」(クリス)

皆さんもそんな意味を踏まえて、この夏のリゾートを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

【関連サイト】
「JAL RESORTFUL presents SEE YOU ON THE BEACH!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20160718/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP