ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです。

そもそものきっかけは、代表のJihanが友だちの誕生日にバルーンをプレゼントしたことだったとか。思った以上に喜んでもらえたことに驚いたJihanは「これだ!」と思ったのだそう。

2011年にスタートした制作活動も、今では何人かのセレブの目にも止まり、シークレットライブやパーティ、企業とのコラボなど、その活躍の場を広げているそう。見ているだけでも楽しくなっちゃう作品たちを見てみましょう!

01.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

02.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

03.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

04.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

05.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

06.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

07.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

08.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

09.

見ているだけでもワクワク!LA発のカラフルな「バルーンアート」が話題

最後は、制作作業中のスタジオ内の写真です。

大小さまざまなバルーンの組み合わせや、まるで泡のようにも見える手の込んだ装飾が人気の秘訣というGeronimo Balloons。Jihanはこう語ります。

「カラフルなバルーンで、世界にたくさんのハピネスを届けるためよ」

彼女たちの他の作品は、ウェブサイトInstagramでもチェックできますよ。

Licensed material used with permission by Geronimo Balloons

関連記事リンク(外部サイト)

ライブペイント・プロジェクションマッピング・音楽「透明回線」
プカプカ。コポコポ。プールに浮いてるあの感覚を、「油絵」で。
見れば見るほど驚く、古典的ハイパーリアリスティック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。