ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カサカサ唇の原因は胃腸?食生活改善で、ウル艶でぷるぷるのふっくら唇に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


唇のカサつき、1年中気にしている人は多いはず。女性だったら、いつもウル艶ふっくら、ぷるっぷるの唇でいたいですよね。マクロビオティックの望診法では、顔や体を診て、内臓の滞りや疲弊を探り、食生活の改善をご提案して自然治癒力を高めていきます。

唇の荒れは胃腸がお疲れ気味のサイン!

唇が乾燥してしまうのは、外気の乾燥ばかりが原因ではありません。唇は、胃と腸の表れです。上唇が胃。下唇が小腸。ですから、唇が荒れているということは、胃腸がお疲れ気味のサイン。

カサカサになったりするのは、主に脂の摂りすぎが原因とされています。脂は主に、動物性脂肪の摂りすぎの場合が多いです。お肉やお魚だけでなく、乳製品なども同じです。

またお菓子類やパンなど、甘いものや小麦粉製品も、脂が多く使われていますね。粉ものも、腸に負担をかけてしまう食べ物ですから、パスタやパン、ラーメンや蕎麦などなど、小麦製品が続いているときも唇が荒れやすいです。

ふっくら唇のために、よく噛んでゆっくり食事を

単純に食べ過ぎが続いていると、消化活動で胃腸が疲れてしまいますよね。唇が荒れてしまっているとき、前の日の食事や、近日中の食生活を振り返ってみてください。

唇の荒れを防ぐためにも、よく噛んでゆっくり食事をすること。そして、炭水化物ばかりの食生活になりすぎないように、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含むお野菜も、彩りよく心がけて摂取するようにしましょう。


風邪などをひいて熱が出たとき、食欲がなくなるとおもいますが、そのとき、唇がよりカサカサして、皮が剥けることがあるかと思います。風邪を早くなおすためにも、食事は摂らず水分補給だけで、とにかく睡眠を優先的に体を休めることに専念した方がいいのです。

そのとき断食のような状態になるため、腸内をデトックスしてくれて、唇の皮がむけていきます。それくらい、普段から老廃物など溜め込みやすいので、消化に負担のかかりにくい食事に気を使われるといいでしょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

小尻&美脚を叶える!後ろ姿を引き締める究極トレーニング
泡立ち重視で選ぶのはもう古い?自分にあった洗顔料でしっとり美肌へ
冷たいドリンクよりも「白湯」で痩せ体質に。巡りが良くなり脂肪燃焼!
大人あせもをアロマ精油で予防!植物の力でケアしながら安心リラックス
マリッジブルー?新鮮な恋への未練が経ち切れないなら・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP