ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

降圧剤の副作用で転倒事故 骨折から寝たきりになることも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間誰しも体の不調を治すために薬を飲んでいるのだろうが、日常的に服用している薬のなかには、かえって症状を悪化させるものもある。『断薬セラピー』などの著書がある薬剤師の宇多川久美子氏の話だ。

「高齢者の中には生活習慣病関連の薬を10種類以上、多剤併用している人が少なくありません。それらの多くはあくまで症状を一時的に抑えるだけで、病気を完治させるものではない。

 また注意すべきは副作用です。例えば、降圧剤のアムロジピンやノルバスクなどを常用すると、めまいやふらつきを起こすことがあります。降圧剤の特徴として、血圧を下げるために血流不足が生じるのですが、効き過ぎると脳に酸素や血液が行かなくなるのです」

 高齢者がめまいやふらつきに襲われると、転倒事故にがるケースが多く危険だ。転倒により、太ももや腰などを骨折して、寝たきり状態になってしまうケースも後を絶たない。

 高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、死に至る重篤な病の引き金となりやすい。それゆえ、医師はあらゆる薬を処方するのだが、それらの中には注意が必要なものも含まれる。東海大学名誉教授の大櫛陽一氏がいう。

「高脂血症などの治療に用いられる抗コレステロール薬の中で、スタチン系と呼ばれるクレストールやリピトールは人間のエネルギーを作り出すミトコンドリアに障害を与える性質を持っています。結果、脂肪をエネルギーに使えなくなるため、糖質依存の体質になり、糖尿病に発展するケースが報告されています。最新の欧米の研究では、スタチン服用者は服用していない人に比べ、糖尿病の発症リスクが1.7倍に跳ね上がるとされています」

 その糖尿病の薬についても注意すべき点がある。大氏によれば、糖尿病薬のうちアマリールやダオニールといったSU剤は、長期服用に慎重になったほうがよいという。

「SU剤を長期間、服用し続けると、インスリンの分泌を促すβ細胞が疲弊し、数が減少するケースが報告されています。そうなると体内でインスリンが分泌できなくなり、糖尿病の中で最も深刻なⅠ型糖尿病に近い状態となり、インスリン注射をしないと生きていけなくなる」(同前)

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
糖尿病は自覚症状なし 深刻化すると失明、腎不全、心筋梗塞
糖尿病黄斑浮腫 働き盛りの視力障害原因病に新しい治療法登場
白米1日5膳以上の男性 3膳未満より糖尿病リスク1.16倍高い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP