体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ポケモンGO】まさかのコラボ!? SpaceX打ち上げ中継に突如としてCP2024の『宇宙船』が出現!

スクリーンショット 2016-07-18 14.21.58-s

あの“ロケット着陸”で一躍有名になったSpaceXのロケット打ち上げライブ番組の終盤に、突如として『Pokemon GO』の画面が出現し、同社の宇宙船『ドラゴン』が“ポケモン”としてほんの一瞬登場しました。番組はそのまま何の説明も無いまま終了。
打ち上げ自体は無事終了し、ロケットの着陸も成功し、通算5度目のロケット着陸となりました。ロケットの再利用という偉業に向けて一歩前進した訳ですが、ソレ以上ポケモンGO共演があまりに唐突かつ斬新な出来事だったので、その一部始終をお伝えします!

出現したポケモンはコイツだ!

スクリーンショット 2016-07-20 13.05.08

まず、今回のライブ動画で出現したポケモンはずばりこの『ドラゴン』です。今回の打ち上げで宇宙に送られた補給船なのですがそのCP(コンバットポイント)は驚くべきことに2024!! この存在がもし本当なら、伝説級ポケモンをも遥かに凌駕する圧倒的な強さなのではないでしょうか。そしてこの”2024″という数字ですが、SpaceX的には同社が火星に人類を送り込むと宣言しているのが2024年なのです。つまり、このCPは同社にとって今一番重要な数字を反映したと思われます。その存在の真偽は別として、このポケモンを捕まえたい! という方は、SpaceX社のコントロールルームがあるカリフォルニア州ホーソーンへ行ってみては如何でしょう?

ノリノリ絶好調のSpaceX社

28348649546_49c8ac2222_k-s

2016年7月18日現地時間0時45分に、米スペースX社の無人宇宙船『ドラゴン』を搭載したロケット『ファルコン9』が、アメリカ東海岸ケープカナベラル空軍基地より打ち上げられ、無事成功しました。同宇宙船は今後、日本人宇宙飛行士・大西卓哉さんも搭乗する『国際宇宙ステーション』へとドッキングし、物資の補給などを行う予定です。

27349970361_56da6d98dd_k-s

SpaceX社は民間企業として近年目覚ましい活躍をしている宇宙開発企業ですが、ロケット打ち上げの際には毎回Youtubeにてライブ中継を行っており、そのクオリティも回を追うごとに徐々に向上しています。

スクリーンショット 2016-07-18 13.49.40-s

今までロケット打ち上げの定番だったNASAのライブ中継と比べると、視聴者を飽きさせないような工夫が随所に施されており、また宇宙に詳しくない人でもしっかり理解できるよう、グラフィティカルな画面構成で非常に分かりやすいのも特徴です。これも民間企業ならではの強みなのでしょう。

同生放送のアーカイブ映像からもその様子を確認することが出来ます。『ポケモンGO』らしき画面が突如として出現するのは、放送時間31分20秒あたりから。
SpaceX CRS-9 Hosted Webcast

1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。