ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【HTC Vive】7月第3週の新作リリース情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週は24のHTC Vive向け新作リリースがありましたが、今週も20個の新作が登場です。Steamで売上1位となった『Raw Data』や、NVIDIAの『Funhouse』も含まれています。

Raw Data

https://www.youtube.com/watch?v=8phhKZn4DuM

マルチプレイ対応のルームスケールSF戦闘アクションゲーム。早期アクセスコンテンツ(※)です。

『ネオ新宿2271』という理想都市が世界を包んでいる未来。プレイヤーは剣や銃などを武器に、この「理想都市」の裏側に迫ります。

迫力のVR戦闘、爽快なヒーロー体験。登場してほんの数日で大反響を呼んだ作品です。既に、オンラインで友人と一緒に協力して進めることもできます。今後のさらなる改良にも期待です。

(関連記事)
HTC Vive向けVRアクション『Raw Data』公開初日にSteamの売上1位に – Mogura VR

※早期アクセス・・・開発中のゲームを公開し、ユーザーからのフィードバックをもらえる仕組み


作品名:『Raw Data』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Survios
リリース日:7月15日
価格:3,980円(リリースから一週間3,184円)
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月17日時点):レビュー324件、非常に好評

NVIDIA® VR Funhouse

https://www.youtube.com/watch?v=FGDtvmuMfkM

グラフィックボード「GeForceシリーズ」を開発しているNVIDIAのVRコンテンツ。物理エンジンを贅沢に使ったミニゲームで遊ぶコンテンツです。

NVIDIAは先日、GeForce最高性能を誇る最新作「GTX 1080」(及び1070、1060)をリリースしました。バスケットのシュート、水鉄砲の射的、ボクシングのパンチ・・・。『Funhouse』では、最新のグラフィックボードで可能となった、今までよりリアルで精細なVR体験が実現されています。

ただしグラフィックボードの必要最低スペックが「GTX 1060」とされており、HTC Viveの必要最低ラインである「GTX 970」ではうまく動作しない可能性があることに注意してください。

(関連記事)
・NVIDIAのサンドボックス型VR体験『VR Funhouse』。最新の物理エンジンを採用し、触覚効果も再現 – Mogura VR
・NVIDIA、ゲームを360度キャプチャ可能な『Ansel』とオープンソースなVRサンプル『Funhouse』を今月リリース – Mogura VR
 


作品名:『NVIDIA® VR Funhouse』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Lightspeed Studios™
リリース日:7月15日
価格:無料
プレイ範囲:ルームスケール(最低2m×2m)
評価(7月16日時点):レビュー101件、非常に好評

VR: Vacate the Room

https://www.youtube.com/watch?v=yOpN39wTny4

『Crimson Room』などに影響を受けた短編脱出ゲーム。6月末に早期アクセスとして登場したものが、完成版になりました。

ルームスケールトラッキングを活かし、VRの部屋で手がかりを見つけてパズルを解き進めていきます。つかんだり運んだりできるオブジェクトや、スイッチなどのように触れると反応があるものも。


作品名:『VR: Vacate the Room』(Steam内のページ)(英語)
開発:Heiko Ihde
リリース日:7月16日
価格:398円
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー55件、非常に好評

Ultimate Booster Experience

https://www.youtube.com/watch?v=7zewtOtP3qo

大都市の空中で、巨大なクレーンに振り回されるアトラクション体験。最高到達点は200mに及び、街の上空で逆さまになったり急降下させられたり・・・VRならではの絶叫マシーンです。眼下(?)に広がる街の景色が綺麗と評判。

※Oculus RiftとHTC Vive両方に対応

作品名:『Ultimate Booster Experience』(Steam内のページ)(英語)
開発:GexagonVR
リリース日:7月15日
価格:498円(リリースから一週間398円)
プレイ範囲:着席、立位
評価(7月16日時点):レビュー11件、ほぼ好評

Jonah’s Path

https://www.youtube.com/watch?v=_-lJvCqfjoc

潜水艦にのって深海を探検するシーンを見るコンテンツ。ただ座っているだけですが、ちょっと不気味で幻想的な深海の光景は、非日常的でワクワクします。不思議な生態系を眺めながら、最後には巨大生物が・・・。

※Oculus RiftとHTC Vive両方に対応

作品名:『Jonah’s Path』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Ionut Lucian Achiricioaei
リリース日:7月10日
価格:無料
プレイ範囲:着席、立位
評価(7月10日時点):レビュー16件、ほぼ好評

The Path of Greatest Resistance

https://www.youtube.com/watch?v=5q2cRh5QWV0

機械のエイリアンと戦うアクションゲーム。早期アクセスコンテンツです。

人類は滅亡した。しかし何人かは地球を逃れ、太陽系の外の惑星で生き延びることに成功した。しかしそこにはロボットが存在し・・・!?銃やブレードを武器に、襲ってくる敵を次々に倒していきます。現在はまっすぐな道をゆっくり進みながら敵を倒すモードなどがあります。


作品名:『The Path of Greatest Resistance』(Steam内のページ)(英語)
開発:RealityRig
リリース日:7月13日
価格:298円(リリースから一週間250円)
プレイ範囲:着席、立位
評価(7月16日時点):レビュー17件、好評

Orbital Strike: Arena

https://www.youtube.com/watch?v=Dakq54BQYZQ

マルチプレイ対応のオンラインシューティングゲーム。早期アクセスコンテンツ。

敵はAIのドローン。相手の守りを崩し、アジトを撃破しましょう。現在はブラスター・オートブラスター・シールド・グレネードなどの武器・防具が使え、今後さらに増えていく予定。

作品名:『Orbital Strike: Arena』(Steam内のページ)(英語)
開発:Sandglass Games LLC
リリース日:7月13日
価格:1,480円(リリースから一週間1,258円)
プレイ範囲:ルームスケール(最低2m×1.5m)
評価(7月16日時点):レビュー20件、好評

VR Boxing Workout

https://www.youtube.com/watch?v=iqezSk5cWhA

ボクシングシミュレーター。2つのモードが有ります。

チャレンジモードでは、パンチの「速さ」や「パワー」を計ることができます。トレーニングではサンドバッグ相手にパンチ、パンチ、パンチ・・・。サンドバッグだけでなくダミー人形を相手にすることもできますが、「人間(キャラクター)」と戦うモードはありません。

作品名:『VR Boxing Workout』(Steam内のページ)(英語)
開発:Wenkly Studio Sp. z o.o.
リリース日:7月11日
価格:798円(リリースから一週間678円)
プレイ範囲:ルームスケール(最低3m×2.25m)
評価(7月16日時点):レビュー2件、賛否両論

Slam

できるだけ少ない手数でコマをゴールに運ぶパズルゲーム。白い球体がゴールで、四分割されている四角形の物体がコマです。コマは一直線にしかすすまないので、壁やオブジェクトを利用しながら、直線移動だけで、できるだけ少ない折り返しで、ゴールインを目指します。

作品名:『Slam』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Aera Studios
リリース日:7月11日
価格:398円(リリースから一週間318円)
プレイ範囲:ルームスケール(最低2m×1.5m)
評価(7月16日時点):レビュー8件、好評

House of Alice

綺麗に整えられた部屋を自由に見て回ることができるゲーム。置かれているモノは手に取ることも。また小人視点になることもでき、同じ部屋を小さくなって(違う視点から)眺めて楽しむこともできます。

作品名:『House of Alice』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:Cuddles and Snowflake
リリース日:7月12日
価格:980円
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー1件、不評

Gun Range VR


サンドボックス的な射的ゲーム。16のミニゲームもついています。

作品名:『Gun Range VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Jeffrey Cretin
リリース日:7月13日
価格:498円
プレイ範囲:ルームスケール(最低2m×2m)
評価(7月16日時点):レビュー2件、不評

DrumKit VR – Play drum kit in the world of VR

https://www.youtube.com/watch?v=q9d8kJf_c1c

VRでドラムを叩けるコンテンツ。

同様のコンテンツに、『Garage Drummer VR』という早期アクセスコンテンツもあります。(HTC Vive6月第4週のリリース情報(記事)にて紹介)

作品名:『DrumKit VR – Play drum kit in the world of VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:0o0
リリース日:7月6日
価格:498円
プレイ範囲:着席、立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー3件、賛否両論

Beat Ninja

https://www.youtube.com/watch?v=Qd3mKQ2MrPY

刀で音符を切るタイプのVR音ゲー。

視界の向こうから音符が流れてきます。音符には「縦」や「横」や「クロス」などの白い直線が引かれており、その線に合わせて刀(Viveコントローラー)で音符を切り裂きます。

剣の種類を選べたり、自分の持ってきた音楽を使うことができたりも。

作品名:『Beat Ninja』(Steam内のページ)(英語)
開発:Xelphyre Games
リリース日:7月13日
価格:1,980円(リリースから一週間1,782円)
プレイ範囲:着席、立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー4件、賛否両論

VR Battle Grid

https://www.youtube.com/watch?v=zNq4wKDal5w

日本では「海戦ゲーム」の名前で知られているゲームをVRでやるもの。

航空母艦、水陸両用強襲、クルーザー、沿岸戦闘、駆逐艦、潜水艦などを配置し、交互に「魚雷による攻撃」または「船の移動」を選択するボードゲームのようなものです。


作品名:『VR Battle Grid』(Steam内のページ)(英語)
開発:Fred Sauer
リリース日:7月14日
価格:無料
プレイ範囲:着席、立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー1件、好評

VReakout

https://www.youtube.com/watch?v=HQzRCOxZxZs

青い炎と赤い炎をまとうボールを投げ、ブロックを破壊する球技。何回でも投げられるボーリングのようなイメージです。ボールはほぼ直線的に飛んでいくとはいえ、ターゲットとなるキューブはふわふわ漂ってしまいます。何手ですべて破壊できるでしょうか?

作品名:『VReakout』(Steam内のページ)(英語)
開発:Animate Objects
リリース日:7月14日
価格:798円
プレイ範囲:着席、立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー6件、好評

Football VR

名前の通り、アメフトのボールを投げるゲームです。


作品名:『Football VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Revive Studios
リリース日:7月12日
価格:198円(リリースから一週間118円)
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビューなし

Blasters of the Universe

https://www.youtube.com/watch?v=LYUAhTCEJ08

一騎当千方式のシューティングゲーム。(大量に出てくる敵を次々に倒す、いわゆる無双ゲーム)早期アクセスコンテンツ。

武器をカスタマイズするのも、VR空間で実際に手に取って行うことができます。

作品名:『Blasters of the Universe』(Steam内のページ)(公式ページ)(英語)
開発:The Secret Location
リリース日:7月15日
価格:1,480円(リリースから一週間1,258円)
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー6件、好評

Dashy Square VR

https://www.youtube.com/watch?v=bBpx635C3h4

リズムアーケードゲーム。22のアーティストによる40以上におよぶ、EDMなどの音楽が収録されています。


販売:Steam
作品名:『Dashy Square VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Kastriot Sulejmani
リリース日:7月15日
価格:198円(リリースから一週間118円)
プレイ範囲:着席、立位
評価(7月16日時点):レビューなし

C.S.S. CITADEL VR

https://www.youtube.com/watch?v=ubiNw0SmtjA

アドベンチャー作品の第1章。報酬のために潜り込んだ『C.S.S. CITADEL』からなんとか生き延び、脱出することが目的のゲームです。

作品名:『C.S.S. CITADEL VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Winged Minds
リリース日:7月16日
価格:798円
プレイ範囲:立位、ルームスケール
評価(7月16日時点):レビュー2件、不評

Wildlife VR

VRでするハントゲーム。動物を狩ることができます。鹿や鳥を銃で撃ち抜きます。

作品名:『Wildlife VR』(Steam内のページ)(英語)
開発:Rocket Science Club
リリース日:7月16日
価格:298円(リリースから268円)
プレイ範囲:立位
評価(7月16日時点):レビュー2件、賛否両論

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP