ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産後も続けるつもりだった大好きな仕事。でもつわりで休んだ翌日、退職するよう詰め寄られ…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数年前、お見合いでスピード結婚し、幸運な事に結婚6ヶ月で妊娠しました。

それまで私は飲食店で早朝から深夜まで交代制で働いており、肉体的にはハードでした。

でも、仕事が大好きで、出産してからもその職場で働くつもりでいました。

しかし、つわりで数日間休むことになり、休み明けに店長から遠回しに退職を勧められました。

納得がいかない私は、妊娠によって働く権利が失われないと会社が明記している契約書を店長に提示しました。

すると急に日頃の業務成績、態度等を責められ、辞めることに同意するまで店長に詰め寄られました。 関連記事:あれはもしやマタハラ? 気遣いの名を借りた、ある日突然の解雇

仕事が大好きで、毎日全力で働き、これからもそうあれると信じていました。

そのことがないがしろにされ、足元が崩れ落ちるような失望感を感じ、以降、何ヵ月も涙が止まらず、行き場のない怒りを夫にぶつけ続けました。

妊娠後期になり、やっと事態を冷静に受け止められるようになりましたが、悔しい気持ちがフラッシュバックのように襲ってきて、何度も泣きました。

その度に、両親や友人が励ましてくれました。

そして大きくなるお腹を見ているうちに、今までの仕事以上に子供の成長をサポートしよう、それが私の大仕事だ、と気持ちを切り替えることができました。

妊婦を抱えての運営が難しい職場の事情も理解できます。

それをどうしたら改善できるかは、この不況のなか、私にも答えは出せません。 関連記事:教えて大渕弁護士!職場に妊娠を報告して始まったのは信じられない嫌がらせ…マタハラ被害者座談会《前編》

今、娘は元気に公園で遊びまわっています。本当にいとおしく感じています。

彼女がもう少し大きくなったら働く母の輝いてる姿を見せたいと切に思います。

著者:チュッチュさん

7年間の婚活の末に悲願の結婚。現在一児の母であるが、毎日が予想外の連続で楽しくもあり、悩ましくもある。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

林家三平の妻、国分佐智子さんが妊娠。姑の香葉子さんのリアクションが、マジで戦慄なわけ
甘くみてた義両親との同居。不衛生な食事が受け入れられず、部屋に閉じこもりぎみに
働く妊婦は肩身が狭い!? 大手企業の営業職。妊娠への風当たりが冷たく辛かった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP