ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニックとダイソン 高性能ヘアドライヤーの実力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 髪も紫外線で日焼けをすることをご存じだろうか。また、冷房で頭皮が乾燥したり血行が悪くなれば、髪はさらに傷む。だから、夏のヘアケアには力を入れるべき。そのためには高性能なドライヤーが欠かせない。

 美容家電の大手、パナソニックのドライヤーは、水に包まれた肌や髪と同じ弱酸性の微粒子イオン「ナノイー」と、ミネラルマイナスイオンが特徴だ。風と同時に「ナノイー」&ダブルミネラルを放出させることでキューティクルの密着性を高め、乾かしながらまとまる髪に仕上げてくれる。オイルなどを使わずとも、ブロー後に髪がパサパサにならないのだという。また、キューティクルが密着していると、ブラッシングなどの摩擦ダメージや紫外線にも強くなり、枝毛の発生率も抑えられるそうだ。

『EH-NA97』はハンドル部に『「ナノイー」イオンチャージPLUS』というパネルを搭載している。これは、ハンドル部を握るだけで、手や腕を通じて髪にたまったマイナスの電気を逃がせる仕組みだ。これにより、「ナノイー」&ダブルミネラルが効率よく髪に付着して、従来よりもさらに指通りしなやかな、まとまる髪に仕上がるようになった。

 今年ついに美容家電業界に参入した、ダイソン初のドライヤー『Dyson Supersonic』の最大の武器は、「羽根のない扇風機」の技術を応用した、大風量による速乾だ。特許技術「エアマルチプライアー テクノロジー」で、モーターで取り込んだ空気を3倍に増幅させ、パワフルな風を実現。さらに、一般的なドライヤーと違い、心臓部となるモーターをハンドル部に内蔵しており重心が手元にくるため、安定して持てるのもポイントだ。あっという間に乾かせるので、暑い季節も負担なく乾かせるし、ドライヤーが苦手ですぐに動いてしまう子供に対しても使いやすい。

 また、毎秒20回と細やかに温度を測定して、風が設定温度付近の熱さを保てるように、自動でコントロールする機能にも注目。高温だと髪が急激に乾燥することで傷んでしまうが、大風量+低めの温度で乾かせば、素早く髪の中の水分を保ちつつ乾かせる。

 きれいな髪を保つコツは日頃のこまめなケアだ。『EH-NA97』は約1万4800円、『Dyson Supersonic』は約4万8600円と高額だが、傷んだ髪を元通りにする大変さを思えば、思い切って投資をするのも悪くない。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
育毛に味方説あるドライヤーに東国原英夫氏「手遅れですかね」
「ハゲが治る!?」と話題の新世代ドライヤーを試してみた
日本製ドラム洗濯機購入中国人「ジャガイモの泥落ちん」と落胆

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP