ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マラソン大会の完走タイムがクーポン引換可能なポイントに。第5回富士山マラソンで初実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

H2H は 7 月 13 日、マラソン大会の完走タイムが割引クーポンと交換可能なポイントになる新サービスを発表しました。「完走時間でポイントがたまる」は、基準タイムと完走タイムの差が「min ポイント」として付与され、スマートフォンアプリに掲載されるクーポンと交換できるサービスです。このサービスは 11 月 27 日に開催される秋の定番マラソン大会「第 5 回富士山マラソン」(旧河口湖マラソン)で最初に実施されます。同大会では 6 時間が基準タイムに設定されており、完走タイムの差がポイントになります。例えば、5 時間で完走すると 60min ポイントが、3 時間で完走すると 180min ポイントが付与されます。速ければ速いほど多くのポイントが付与される仕組みです。アプリやポイント交換方法、クーポン情報などの詳細情報はまだ公表されていません。Source : PR Times

■関連記事
FacebookのAndroidアプリに動画の保存機能が追加
今後リリースされる「Google日本入力」ではテーマ数が増加。画像をテーマにすることも可能
Moto Z Playの実機写真が流出、しかも3.5mmオーディオジャック付き

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP