ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本と海外のことわざの違い4選。ことわざで国民性がわかる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本と海外の文化の違いは、ときにことわざを見ると納得するヒントが隠されていることが多くあります。それもそのはず、実はことわざにははっきりとした文化の違いがよく表されているんです。

今回は日本のことわざと海外のことわざを比較しながら、各国の国民性をのぞいてみましょう。

「出る杭は打たれる」は通用しない?(アメリカ)

日本ではあまりにも有名なことわざ「出る杭は打たれる」。日本の国民性を最もよく表していることわざのひとつですが、アメリカには”The squeaky wheel gets the grease.(キーキー音を立てる車輪は油をさしてもらえる)” すなわち、「黙っていては注目されない」というまったく逆の意味を持つことわざが存在します。自己主張を必要とするアメリカらしい表現です。

まずはやってみよう!(フランス)

「転ばぬ先の杖」ということわざがあるように、日本には何かを始めるときには「準備」というものをとても大事にする風潮があります。一方でフランスには「鍛冶屋になるのは,鉄を鍛えながらだ。」ということわざがあり、これは「準備をしたり基礎を習うよりもまずは感覚をつかむことが大事」という意味が隠されています。

これはフランス内でも特に有名なことわざで、人々の気質だけではなく仕事面などにもこのことわざは反映されているようです。日本のようにマニュアルがあまりないフランスでは、新しい挑戦の積み重ねで感覚を掴んでいくことが仕事をうまくこなす最大の秘訣なのだとか。

思ったことは口に出そう!(イタリア)

「口は災いの元」ということわざがあるように、沈黙こそが状況を打破する一番の策だという考え方がある日本。ではイタリアはどうでしょう。実はイタリアには「口に出さなければ神様も聞き届けようがない」、という真逆の意味をもつことわざがあるんです。

この意味は言葉通り、「言いたいことははっきりと意思表示すべきであり、そうしない限り一生自分の意見など伝わらない」ということ。陽気でおしゃべりが大好きな国民性をよく表したことわざですね。

困ったときは自分でなんとかしなさい!(ロシア)

日本は「呉越同舟」や「一蓮托生」ということわざがある通り、仲間意識が強く連帯責任を重んじる風習のある国として知られています。ただこれから紹介するロシアには、ちょっと変わったことわざが存在するんです。それは「飢えは叔母さんではないからピロシキをくれたりしない」というもの。なんだかちょっと不思議な言い回しですが、このことわざには「困ったときは自分で解決しなさい」というロシアの自立した精神教育が隠されています。飢えをピロシキに例えているのもロシアならではで面白いですが、ロシア人の屈強な気質がよく表されていますね。

いかがでしたでしょうか? それぞれの国には代々伝わることわざが数多く存在しますが、そのことわざを読み解いていくとその国の気質が面白いほどに見えてきます。それぞれ一長一短のあることわざですが、考え次第で物事はちがう方向に転がったりするもの。「出る杭は打たれてナンボ!」という方はアメリカのことわざを日常に取り入れてみると、また違った視点で物事を捉えることができるかもしれませんね。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。