ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自由度高いネットドラマが人気 ドラマ界に人材不足の懸念も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、何かと目にするドラマ『火花』のテレビCM。原作はご存じ、お笑いコンビ・ピース・又吉直樹(36)の芥川賞受賞作だ。

 直木賞作家の西加奈子(39)が「泣いた」と告白し、辛口で知られる博多大吉(45)が「メチャクチャ面白い」と絶賛したドラマだが、実はネット配信でしか見られない。『火花』は、動画配信サービス「Netflix」が制作したオリジナルドラマだからだ。

 ネット回線を利用した有料の動画配信サービスは、高速かつ大容量のネット回線の普及とともに急成長している。

 そこで今回は、ネットでしか見られない珠玉のオリジナルドラマの数々を披露しよう。もともと、欧米の動画配信サービスでは、自社制作のオリジナルコンテンツが充実していたと解説するのは、ライターのよしひろまさみちさん。

「海外の動画配信サービスはハリウッド映画の監督・スタッフやスタジオを利用して、質の高いオリジナルドラマを次々と制作しています。予算が潤沢で表現の自由度も高いので、質の高い作品が出来上がるんです」

 その風潮が日本にも届き、ネット配信のオリジナルドラマは増加の一途をたどる。その最中に登場した『火花』は、まさに「映画のような作品」だとよしひろさんは評する。

「映画のスタッフが集結して撮影した『火花』はまさに“530分の映画”です。テレビドラマと違い、ネットドラマはカット割が少なく、映画のようにカメラを長回しして演技をたっぷり見せられる。『火花』はアジア発信で初めて世界190か国に同時配信されましたが、海外からも、“昔の日本映画みたいに映像がキレイだ”と大好評でした。漫才という日本独自のネタも理解され、日本も欧米並のクオリティーがあるドラマを作れることを証明した。今後、どんな作品が出てくるか楽しみです」

 フジテレビのドラマ『ラヴソング』『ガリレオ』のプロデューサーで、ネット配信の『ベイビーステップ』(Amazonプライム・ビデオ)も手がける鈴木吉弘さんがネットドラマとテレビドラマの違いを語る。

「視聴者が身近にいるテレビドラマは万人受けする作品を作ろうとするけど、ネットドラマは視聴者が遠いため、エッジの立った作品で新たな顧客を呼び込もうとします。しかもネットはスポンサーがいないため放送コードが緩く、自由度が高い。

 最近は俳優陣も充実し、ディーン・フジオカさん主演の『はぴまり』(Amazonプライム・ビデオ)は地上波で放送されてもおかしくないレベルです。すでに人気がある俳優ばかりでなく、今後が期待できる“ネクストブレーク”のキャストを使えることも大きな魅力です」

 それにしても、これだけネットドラマにスタッフが集結したら、ドラマ界は「人手不足」にならないだろうか。「ウンウン」とうなずくのは前出の鈴木さんだ。

「ネットドラマが本格化する前から映画やテレビ業界では助監督が不足していました。今後、ネットドラマがさらに増えると、テレビドラマや映画が人手不足になるかもしれません」(鈴木さん)

 まさに日本の映画・テレビ業界を揺るがす勢いのネットドラマだが、視聴者からすれば、選択肢が増えて嬉しい悲鳴だ。

 そんなネットドラマを視聴するには、まず動画配信サービス各社のホームページにアクセスして、クレジットカード情報などを記入し、会員登録する。それだけでスマホやパソコンで視聴できるのだ。また、インターネット機能のついた「スマートテレビ」でも配信動画を見られる。

 スマホとパソコンを持っている方は、家電量販店で販売される「STB(セットトップボックス)」という機器を購入して接続すると、スマートテレビではない自宅のテレビでも視聴できるようになる。よくわからないという人は、動画配信サービス各社や家電量販店に問い合わせてみよう。

“おディーン様”に続くアイドルは、ネットドラマから現れるかも!?

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
動画配信サービスはオリジナル作と長シーズン続く作品を選べ
安倍晋三首相もファンの『ハウス・オブ・カード』見所を紹介
HuluやdTV ネット配信には本来の「健全な視聴環境」がある

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP