ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とと姉ちゃんデザイナー黒澤和子さん 父・黒澤監督を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 好調が続くNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。その衣装デザイナーを務めているのが、黒澤明監督の長女、黒澤和子さん(62才)だ。黒澤さんは『夢』『八月の狂詩曲』など黒澤作品の他、北野武監督の『座頭市』『アウトレイジ』などで衣装を担当してきた。

 黒澤さんの“とと”黒澤監督はどんな父親だったのか。黒澤さんに聞いた。

「家では普通のお父さんでしたよ。世間では『怖い』と言われていましたけど、人に対する思いやりが深くて、すごく優しかった」

 小橋家には父・竹蔵(西島秀俊)が決めた「朝食は家族皆でとること」「月に1度、家族皆でお出かけすること」などの家訓があったが、黒澤家では?

「うちの父は家訓が大嫌いだったので(笑い)。人間は1000人いたら1000人違うという考え方。子供は伸び伸び育てるのが父のモットーでした。ただ食事は365日、家族で食べていましたね。今も私の家族は週に5日は全員一緒にご飯を食べています」

 家訓はなくても、自然と小橋家と同じルールが保たれていたようだ。

「ドラマでは時代が1960年代、1970年代、1980年代と進むにつれファッションも華やかになり、おしゃれなものやかわいいものがたくさん出てきます」

 と黒澤さん。常子たちがどんな衣装で登場するか、ますます楽しみだ。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
黒澤明対勝新太郎 撮影現場で勃発した巨匠と天才のガチ喧嘩
とと姉ちゃん 3姉妹の衣装に込められた秘密
淡路恵子 黒澤明に「妖婦をやりたい」と言って見初められた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP