ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格差批判で1ドルに報酬減らし配当受け取る経営トップ増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先進国では経済格差が拡大し、高額報酬を得る経営者への風当たりは強くなる一方だ。

「日産から10億7100万円の役員報酬(2015年度)を得ているカルロス・ゴーン氏(62)について、仏紙『リベラシオン』は“最低賃金の764倍を稼ぐのは公平でない”と批判しています。実際に株主の半数以上がゴーン社長の高給に反対しており、経済誌でもゴーン氏に批判的な見解が目立つ。明らかに逆風が吹いています」(在欧ジャーナリスト・宮下洋一氏)

 こうした流れを受けて、すでに米国の大企業では、「報酬1ドル」というCEOが続出している。グーグル創業者のセルゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏などが有名だ。岡山商科大学経営学部の長田貴仁教授が解説する。

「彼らの多くは、報酬ではなく自社株の配当で莫大な利益を得ます。株の配当は基本的に会社の業績に連動するため、“頑張った対価を正当に受け取っている”として、株主を説得できるメリットもある」

「報酬」を減らして、「配当」で受け取るのが世界の経営トップのスタンダードになってきているのだ。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
役員の本当の年収ランキング 株主配当とプロ経営者の新潮流
株式配当求める人の「最後のチャンス」 今年は3月27日
年収95億円の孫氏、83億円の柳井氏 寄付する篤志家の顔も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP