ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏限定オープン!豊洲に15種類の巨大遊具がやってくる「あみゅ博」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、編集の鈴木です。

今年の夏は何しようかな~なんて考えていた矢先、都内に巨大なアミューズメント施設が登場するという情報を入手したので調べてみました。

豊洲にやってくる!その名は「あみゅ博」

2016年7月16日(土)~2016年8月31日(水)の夏休み限定で開催されるのが、

遊べる博覧会「あみゅ博」。ゆりかもめの新豊洲駅徒歩2分のところに設置される模様です。

「あみゅ博」では、夏らしいウォーターアクティビティや、今流行りのクライミング体験など、全部で15種類の大型アトラクションを楽しむことができます。最大の魅力は、別ジャンルのアクティビティを、豊洲の一か所で楽しめてしまうこと!こんな機会はめったにありませんよね。それでは注目すべきアクティビティを紹介しましょう。

ハイドロボール

巨大なボールに入って坂道を転がり落ちるアクティビティ。以前、これの草原版を体験したことがありますが、外から見える画からは考えられないほど、中の人間はグアングアン回って荒れ放題!ぜひお試しを!

外から見ると平和でも

中身はこんな

ハイドロスライダー

全長100mのすべり台を、ハイドロプレー二ング現象を利用してすべるウォータースライダー。浮き輪必須で、ずぶ濡れ間違いなしのアトラクションです。

ハイドロボールよりはゆっくりな模様

ウォーターバウンダー

巨大風船の中に入って、水の上を走り回るアクティビティ。中は不安定で、立つのも厳しいほど!3歳以上であれば保護者同伴で楽しめます。

中はふわふわしていて意外に不安定

ウォールクライマー

最近話題の、絶壁を駆け上がるウォールクライマーは、難易度が3段階用意されているので、お子さまから大人まで楽しむことが出来ます。

大人でもドキドキする、高さは11m!

まとめ

いかがでしたか?真夏の暑さを乗り切るにはピッタリなアクティビティが揃っていますね。本来ならば別々の場所にあるはずのアクティビティ全15種類を、豊洲の一か所で楽しめるこの機会、逃すわけにはいきませんよね!小さな子どもから大人までワクワクさせてくれる「あみゅ博」。この夏のお出かけ候補におすすめします。 あみゅ博

開催期間:2016年7月16日(土)~8月31日(水)

開催時間:10時~18時

開催地:東京都江東区豊洲6-4

料金:入場料金(入場のみ)/大人1500円、こども1000円

フリーパス/大人1日券4800円、こども1日券3800円

大人3時間券2800円、こども3時間券2600円

※フリーパスに入場料金は含まれます

※3時間パスは、15時~18時

「あみゅ博」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

家族みんなで♪プール、海、川…夏の水遊びスポット【大分編】
乗り物使って楽チン♪初心者OKのトレッキング5選【東海】
じゃらん読者が選ぶ!「行ってよかった」九州の人気観光地ベスト20!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP