ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『観察と工作』展 モジとモノが交錯したら?–生活に溢れるモジとモノの展示が開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ATELIER MUJI(東京都:無印良品 有楽町内)は、2016年7月15日(金)~8月28日(日)間で『『観察と工作』展 モジとモノが交錯したら?』を開催中。
モジとモノは、私たちの生活に溢れ、そして欠かせない。誰もがなにげなく普段の暮らしの中で有りものの中から選び、手に入れ、使いこなす。本当に、それだけの関係なのか?見慣れたモジやモノをじっくり観察し、感じたことや発想したことを実際に表現してみると、思いもよらない、新しく楽しい価値や関係が生まれてくる。自分なりに、意味や機能を工夫して、手を動かしてみる。毎日の暮らしは、自分次第でもっと自由に、ずっと楽しく創造性が広がるのだ。本展では、2組のアーティストが、文字とプロダクトを自由自在に操る作品を展開。既成概念や常識という、見えない枠にとらわれていては、窮屈で退屈。
ちょっと楽しい観察と工作は、いつも私たちのすぐそばに。

 

【情報】
会場|無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
会期|2016年7月15日(金)- 8月28日(日)(全45日間)
開場時間|10:00-21:00(入場無料)
お問い合わせ|http://www.muji.com/jp/events/2793/
主催:無印良品
企画・運営:株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室・無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
モジ:大日本タイポ組合
モノ:GELCHOP
※Open MUJI Tokyoは7月より「ATELIER MUJI」と名称を変更致します。無印良品のモノづくりの背景を お伝えする空間として、展示やイベントを多数開催。

 

[関連イベント]
・アーティスト・トーク「あ、と言えMOJI(アトイエ・モジ)」
文字と共にモジモジしながら23年。大日本タイポ組合は「モジ」を、どう「観察」し「工作」しているか。その様子をご紹介。
開催日:2016年7月20日(水)
開催時間:19:00〜20:30 (受付は開始の30分前から)
開催場所:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
定員:60人 (要事前予約)
登壇者:大日本タイポ組合
参加費:無料

 

・ワークショップ「お皿でランプ」
陶器や木、金属、竹、プラスチック、ガラスなどの食器や容器を持参して食卓を飾るランプを作ってみよう。
開催日:7月27日(水)
開催時間:14:00〜15:30 (受付は開始の30分前から)
開催場所:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
定員:12人 (要事前予約)
講師:GELCHOP
参加費:3,000円(税込) ※参加費は当日会場にて講師の方に直接現金にてお支払いください。
※ご自身で、使わない食器(お皿、お椀で直径10cm以上)を3〜4枚程度ご用意下さい。穴を開けて使用します。
※穴をあける際に、少量の水を使います。汚れたり、濡れたりしても良い作業しやすい服装をおすすめします。気になる方はエプロン等をご持参下さい。
※電動式の工具を使用します。お子さんの場合はスタッフがお手伝いしますが、できれば保護者と一緒に作業されることをおすすめします。食器に穴をあけ、電気コードに通し、多層構造のランプシェードを作ります。事前におおまかなイメージで、皿などをご用意されると楽しいです。

 

・ワークショップ「文字・ルーシー・涼・FAN」
文字のパーツのシールを貼った、オリジナルの「うちわ」を制作します。パーツごとに分かれた文字のシールを組み合わせて、あたらしい文字をつくり出す楽しみと、うちわの涼しさで、クールに夏を乗りきろう!
開催日:2016年8月9日(火)
開催時間:13:30〜14:30 (受付は開始の30分前から)
開催場所:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
定員:10人 (要事前予約)
※10歳以下のお子様は保護者同伴でご参加ください。また、親子で1名としてお申し込みください。
講師:大日本タイポ組合
参加費:300円(税込) ※参加費は当日会場にて講師の方に直接現金にてお支払いください。

 

[登壇者プロフィール]
■大日本タイポ組合
秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。文字のウェブサイト「type.center」の編集長も務める。

 

■GELCHOP
2000年に結成。モリカワリョウタ、オザワテツヤ、タカハシリョウヘイ、3人の工作好きによって活動を続ける3D造形グループ。ハンドワークで、イメージと現実の世界をつなぐ、立体というカテゴリーのもと、多岐に渡って活動。

各イベントの申し込み、詳細については、下記公式サイトをご覧下さい。
「観察と工作」展公式Webサイト|http://www.muji.com/jp/events/2793/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP