ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“音楽って素晴らしい!” BRADIO、赤坂BLITZの真ん中で音楽愛を叫ぶ―OTOTOY最速レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月17日(日)、BRADIOがライヴ・ツアー〈ファンカジスタ 2016 ~レインボービッグバン編~〉のファイナル公演となる赤坂BLITZでのワンマン・ライヴを開催、超満員の観客と共にツアーを締めくくった。

赤坂の駅を降りてBLITZ方面の出口に近づくと、階段の下まで行列が出来ていた。赤坂サカスでイベント「デリシャカス2016」が開催されていることもあり、誰かタレントがいるのかな、女子アナいないかな? などと思いつつ歩を進めると、その行列は真っ直ぐ赤坂BLITZへと伸びていた。良く見るとみんなBRADIOのTシャツを着ているではないか。ものすごい人数が開場を待ちわびて列を作っていたのだった。

異様な熱気の中、会場に入るとステージ前から後方まで、本当にぎっしりと人で埋め尽くされている。それもそのはず、ツアーのチケットはすべてソールドアウト。初の赤坂BLITZ公演にしてツアー・ファイナル、この日は3連休中日ということもあり、地方からの遠征組も集まっているようだ。

会場が暗転するとどっと歓声が上がり、リズミカルなSEに合わせて観客が手拍子を送る中、まずは楽器陣がステージへ。サーチライトがステージを行き交い、スポットライトを浴びた大山聡一(Gt)がテレキャスターを掻き鳴らし、酒井亮輔(Ba)と田邊有希(Dr)のリズム隊が重たくも前のめりなビートで期待感を煽ると、サングラス姿の真行寺貴秋(Vo)がステージに登場した。「Ladies and gentlemen! FUNKASISTA2016! Are you ready!? Funky Party People~! We are BRADIO!」と叫び一気に観客のテンションを上げると、「FUNKASISTA」からライヴがスタート。右手を振って一緒にサビを歌うファンたち・通称“FPP(Funky Party People)”の熱気がものすごい! メンバーがソロを回して真行寺がシャウトするとさらに盛り上がる。「よく来てくれたぜ!」との声に応えるFPP。「Abracadabra」ではアカペラで圧倒的な歌唱力を聴かせると、すかさず「感情リテラシー」へと突入。トレブルを強調した音色で軽快にドライヴするギターのカッティング、歌メロの裏で影のようにラインを取るベース、タイトにリズムを刻むドラムが心地良く、自然に体が乗せられていく。派手なプレイはないものの、ベーシックなサウンド作りに徹しているサポート・キーボーディスト奥野大樹(ルルルルズ)の仕事ぶりも光る。

「赤坂、ファンキーしてるかい!? ハッピーしてるかい!? 最高に胸アツだし、みんなもめちゃくちゃアツいし、ビシビシそのファンクネス伝わってます、ありがとう!」真行寺のMCに場内からは大拍手。さらに、「見てよコレ! BRADIO史上初めてのおめかし具合です(笑)」と振り向いてギンギラギンなレースが下がったステージセットを指す。メンバー紹介でそれぞれがマイクを握り声援を受けると、「Golden Liar」では真行寺が「赤坂~! そのファンキーな声をもっと聴かせてもらってもいいか!?」とステージを降りて観客の中へと入って行く。いきなりの目の前に現れた真行寺のアフロヘアめがけて一斉に手を伸ばすFPPたち。確かになんだか御利益がありそうだ。「頭を狙うのはやめるんだ赤坂! なぜ頭を狙うんだ赤坂!?」と叫びながらフロアに中央まで進むと、赤いお立ち台に立つ真行寺を囲んで「音楽って素晴らしい!」とコール&レスポンスで会場全体が一体になる。目の前の観客にマイクを向ける真行寺。周りの誰もが最高に楽しそうな笑顔を浮かべている。

ステージに戻ると、照明が落ちて何やら宇宙人らしき声が会場に流れ出した。するとステージ上からつるされたリラックマが…「私は赤坂BLITZの神、赤坂ぶりおだ」とのこと。「こいつに俺たちのファンクネスをお見舞いしてやらないか!?」との真行寺の掛け声から「HOTELエイリアン」(アニメ『Peeping Life TVシーズン1 ??』オープニング・テーマ曲)を披露。曲が終わると酒井が赤坂ぶりおをフロアに向けて放り投げ、大山が「以上、BRADIOの茶番でした!」と茶番コーナー(?)を締めた。

「Chocolate Flavor」ではウーマントーンのブルージーなギターソロから真行寺がファルセットでビブラートを会場の隅々まで響かせ、最新シングル曲「ギフト」では「今こうやって俺が歌を歌えるのも、みんなと出会えたのも、親のおかげがあると思っています。どんなに辛いときでも一番の理解者でいてくれるそんなかけがえのない存在、そんな想いを一つの曲にしました」とのMCからピアノの旋律とストリングスをバックに歌い上げる真行寺。歌い終わると長い間拍手が起こる見事な熱唱だった。続く「Playback」はミドルテンポのR&Bナンバー。手拍子でゆったりとリラックスしたムードが楽しい。真行寺は「ありがとう~!」とロングトーンで感謝を伝えると、スキャットしながら大山と向かい合って掛け合いながらどんどん盛り上げて行き、ギターソロへ。彼らが音楽を愛するピュアな気持ちが演奏から伝わってくる最高にソウルフルでシビれるシーンだった。この日のハイライトのひとつと言って良いのではないだろうか。

ライヴは終盤へ。「Overnight Superstar」でミラーボールが回りダンスホールと化す赤坂BLITZ。サビのメロディに合わせて両手をグルグルするフロアの様子はまさに壮観。ツアータイトルにかけて「レインボー!」「ビッグバン!」とコール&レスポンスでさらに一体化すると、大山がお立ち台に上がり「そうちゃん!」「カッコイイ!」と上機嫌でコール&レスポンス。続いて酒井は「りょうちゃん!」「大好き!」とコール&レスポンスで大満足の様子。さすがにドラムの田邊はリズムを止めてお立ち台に上がるわけにはいかない。再び「レインボー!」「ビッグバン!」コールから、曲は代表曲「Flyers」(アニメ「デスパレード」オープニングテーマ)へ。大歓声が上がる中、フロア中が1人残らずプチョヘンザ(Put your hands up)。「さあ見せてくれ赤坂! 俺たちはこの日をずっと待っていたんだ!」と「スパイシーマドンナ」でライヴはクライマックスへ。本当に会場中が完璧にフリを覚えたお客さんばかりで、その一体感はビックリするほどだ。

アンコールの声に応えるとTシャツに着替えて登場して「Bring It On」からMCへ。「今日は本当にありがとう! 愛と感謝でいっぱいです。2年前は赤坂BLITZなんて無理だと思っていたんですけど、マネージャーが“2年後に赤坂BLITZやろう”って言ってくれて、色んな人を紹介してもらって、チームのみんな、色んな人たちが俺たちに力を貸してくれて、BRADIOというバンドが大きな存在になりました。みなさんのおかげで今日、この会場を笑顔で埋め尽くすことができました。“夢、諦めないで良かったな”と思ってます。本当にありがとう!」と真行寺が感謝の言葉を送ると、会場中から万雷の拍手が贈られた。そして大山から、年末に東名阪ワンマンツアーを開催すること、12月9日にキャリア初となる東京・Zepp DiverCity公演が行われることが告げられると、さらなる大きな拍手と歓声が起こった。

ラストは「俺たちと同じ時間、夢に向かって1つになってみんなと一緒に行きたいと思っています。今日はその始まりだと思っています。今日は俺たちの船に乗っかってくれてどうもありがとう! まだ進もうー!!」と「Ride On Time」へ。銀のテープが放たれ、会場中で一体となってコーラスしながら、最高にハッピーなエンディングを迎えた。最後は全員で頭の上に両手ででっかいアフロを作って「アフロジャンプ」でライヴを締めくくった。記念写真を撮ると、メンバー全員で手をつなぎ、深々と頭を下げて観客に感謝。真行寺はマイクを通さずに「音楽って素晴らしい! どうもありがとうー!!」と叫んで、ステージを降りて行った。

隙の無い演奏、圧倒的な歌唱力、そして何よりもここにいる全員を最大限楽しませようというパフォーマンス。誰もが笑顔で音楽を楽しんでいる光景を見ていると、一年後のBRADIOは一段階も二段階も上の大きなステージに上がっているであろうことが想像できる、そんな最高のライヴ・ショーだった。(岡本貴之)

photo by 木場ヨシヒト

〈ファンカジスタ 2016 ~レインボービッグバン編~〉
2016年7月17日(日) 赤坂BLITZ
〈セットリスト〉
1. FUNKASISTA
2. Abracadabra
3. 感情リテラシー
4. Golden Liar
5. HOTELエイリアン
6. Chocolate Flavor
7. Take Me Higher
8. 真っ赤なカーチェイス
9. ギフト
10. Playback
11. Overnight Superstar
12. Flyers
13. スパイシーマドンナ
EN1. Bring It On
EN2. Ride On Time

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP