ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パクチー料理研究家「パクチーはスイカに合う!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜6時からの番組「WONDER VISION」のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」(ナビゲーター:野村友里)。7月17日のオンエアーでは、パクチー料理研究家のエダジュンさんをお迎えしました。

エダジュンさんは、Soup Stock Tokyoに勤めていましたが、料理本を出版したいとの夢があったそうで、料理研究家に転身されたそうです。なぜパクチーの道を選んだのでしょう。

「自分の好きな食材のパクチーを突き詰めようと思ったんです。その後、ベトナムに1ヶ月半ほど行きましてパクチーの魅力を再発見しました」

エダジュンさんの努力とは裏腹に、パクチーは好き嫌いがハッキリしてしまうところでもあります。「どんぶりでたくさん食べたい」という人も「パクチー」と聞いただけで怪訝な顔をする人もいます。ただ、「そんなところもパクチーのおもしろいところ」なのだそうです。

最近は、パクチーブームも起きていて、2015年にパクチー専門店が増加。調味料として家庭にも取り入れられるようになり、日本は今、空前のパクチーブームの渦中にあるのだそうです。

●パクチーに合う食材は?

エダジュンさんは「家庭料理のなかに、どのようにしてパクチーを入れて楽しめるか」を考えていて、夢だった2冊の料理本も出版されました。

そこには「パクチーのおひたし」「パクチーのオイキムチ」「パクチーポテトサラダ」などユニークな料理の数々が並びます。そこで、エダジュンさんにとっておきの食べ方を教えていただきました。

エダジュン:パクチーはぜひ生で食べてほしいんですけど、フルーツとの相性が良いので、スイカと合わせると良いですね。チーズやオリーブオイルでサラダ風にいただくとおいしいです。

野村:スイカですか!

エダジュン:あとは、辛いものとパクチーが合うので、グリーンカレーペーストやコチュジャンと合わせて食べるのをオススメします。パクチーは、根、茎、葉、花、すべて使えるところがポイントなので、ぜひ、余すところなく食べてください。

野村:根は香りが豊かで良いですよね〜。

エダジュン:煮込み料理に使ったり、しょうゆ漬けにしても良いです。

エダジュンさんは、インスタグラムでもパクチー料理を紹介しています。パクチーは苦手という人も、一度食べたらハマるかもしれませんね。

【関連サイト】
「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/style/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP